ノリントン ベートーヴェン交響曲第2番 宇野功芳一押しの名演

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

宇野功芳(1930-2016)。

 

日本の音楽評論家で、

僕は中学生の時にクラシック音楽に目覚めてから

ずっと慕い続けて人です。

 

その辛口のコメントは、他の評論家にないもので、

彼のすすめるLPやCDが僕の選ぶ基準ともなっていました。

 

その宇野さんは、惜しくも2年前86歳の高齢で亡くなりました。

 

先日ブックオフに行ったら

『ベートーヴェン不滅の音楽を聴く』宇野功芳著

という本を見つけました。

 

僕は、宇野氏の著書も大体知ってしましたが、

この本は初見でした。

さっそくに手に取ってみると、

 

出版が2015年、宇野さんのあとがきが2013年5月5日となっていたので、

もしかして宇野さん最後の著書ではないか、

買わねばならないと購入したのです。




ノリントンの名盤 宇野功芳氏おすすめの名演

宇野氏のあとがきは、

長く彼の本を読んできたものにとっては感動的でした。

すこし抜粋してみます。

 

若い頃のぼくはモーツァルトとブルックナーに傾倒し、

熱い文章を綴ったりもした。

その情熱は70代の初めまで続いたと思うが、

その後は第3位につけていたベートーヴェンが強く心を捉えるようになり、

今では、いちばん好きな作曲家ベートーヴェンと躊躇なくいえるようになった。

 

熱い音楽論を紙面に戦わせていた宇野氏も、

その情熱は70歳前半までだったのかと

自分の身に合わせても寂しいものを感じました。

 



ノリントンの名盤 ベートーヴェン交響曲第2番

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第2番 ニ長調 Op. 36
Symphony No. 2 in D Major, Op. 36

 

1.(11:54)I. Adagio molto - Allegro molto
2.(10:01)II. Larghetto
3.(04:37)III. Scherzo
4.(06:30)IV. Allegro molto
total(33:02)

 

ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ - London Classical Players
ロジャー・ノリントン - Roger Norrington (指揮)

 

ベートーヴェン:交響曲 第2番 第8番 ロジャー・ノリントン

 

旧EMIクラシックスの国内盤、輸入盤の実績&人気上位アイテムの中からセレクトされた"クラシック・マスターズ"シリーズ。本作には、ロジャー・ノリントンによるベートーヴェンの交響曲第2番&第8番を収録。オリジナル楽器演奏という価値を超えた、新鮮で衝撃的な解釈をみせる一枚。タワーレコード

My best complete Beethoven symphonoies! 一聴衝撃を受けた高名な第2番、第1楽章のコーダの前でトランペットが極自然に消えて行くエロイカ、バリトン独唱が独創的な第九、しなやかで燃焼度の高いコリオランなど、ノリントン体験の原点たる演奏です。ただ、タンとの『合唱幻想曲』が収録されていないのはなぜ? まあ、比較的面白みのない曲ですが、古楽で聴くとそこそこイケると思うんですけどー
ナクソス・ミュージック・ライブラリーのレビューより



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング