ハイティンクのベートーヴェン交響曲全集 ロンドン響とが素晴らしい!

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ベルナルト・ハイティンクが、

 

ロンドン交響楽団を振って録音した、

 

ベートーヴェンの交響曲全集が素晴らしいです。

 

 

こんなにポップでライトで、

 

しかも深みがある演奏は珍しいです。

 

 

今回、3番"英雄"と5番"運命"を聴きましたが、

 

どこにも壮絶さ、深刻さ、凄みなど全くないのですが、

 

 

聴いていてワクワクしてくる演奏なのです。

 

こんなベートーヴェンが聴きたかった!

 




ハイティンクの名盤 ベートーヴェン交響曲全集

 

 

『ベートーヴェン:交響曲全集』

 

【曲目】
第1番ハ長調op.21/第2番ニ長調op.36/第3番変ホ長調op.55「英雄」/

 

第4番変ロ長調op.60/第5番ハ短調op.67/第6番ヘ長調op.68「田園」/

 

第7番イ長調op.92/第8番ヘ長調op.93/第9番ニ短調op.125「合唱」

 

三重協奏曲ハ長調op.56 ※

 

「レオノーレ」序曲第2番

 

【演奏】
※ ゴルダン・ニコリッチ(ヴァイオリン)
ティム・ヒュー(チェロ)
ラルス・フォークト(ピアノ)

 

トワイラ・ロビンソン(ソプラノ)
カレン・カーギル(メゾ・ソプラノ)
ジョン・マック・マスター(テノール)
ジェラルド・フィンリー(バス)、
ロンドン・シンフォニー・コーラス

 

ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロンドン交響楽団

 

【録音】
2005年11月、2006年4月/ロンドン、バービカン・ホール(ライヴ)

 

【SACDハイブリッド】 ベートーヴェン: 交響曲全集 ベルナルト・ハイティンク 、 ロンドン交響楽団

 

 

2013年3月来日記念盤
巨匠ハイティンク&ロンドン交響楽団
ベートーヴェンの交響曲全集

巨匠ハイティンクが近年客演を重ねているロンドン交響楽団を指揮したベートーヴェンの交響曲全集は、2005年から2006年にかけておこなわれたコンサート・シリーズの模様をライヴ収録したもので、コンセルトヘボウ管との全集録音以来、ハイティンクにとっておよそ20年ぶりの新録音となります。
ハイティンクと楽団の良好な関係をうかがわせる充実の演奏内容に加えて、このたびレコーディングにはプロデューサーにジェームズ・マリンソン、エンジニアにジョナサン・ストークスらデッカの録音スタッフであった顔ぶれを起用してすぐれた音質を実現しているのもポイント。DSDフォーマットによるSACDハイブリッド仕様のディスクは、純正マルチチャンネルおよびステレオ再生に対応しているため、オーディオ・ファイルにも御満足いただけるつくりとなっています。
キングインターナショナル

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村