ベートーヴェン 荘厳ミサ曲 ニ長調 ガーディナー

目安時間 5分

こんにちは、
ともやんです。

 

J・S・バッハの大傑作「マタイ受難曲」は、CDを聴くだけではなかなかわかならなく、結局、合唱団に入って歌ったことで、ようやくなんとかわかるようになりました。

 

CDを聴くだけだと、ヘンデルの「メサイア」のようなポピュラーな曲でもなかなか理解できないですが、合唱団に入って歌うと、こんなに分かりやすい曲はないな、と感じたくらいです。

 

一方、現時点で僕にとってベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」の未知の世界です。

CDは持っているので、聴いたいるのですが、まだまだ理解できないでいます。

スポンサーリンク

ベートーヴェンの自信作「荘厳ミサ曲」ニ長調

 

1819~23年に掛けて作曲され、初演は1824年4月18日にロシアのサンクトペテルブルクで行われています。

ウィーンでの初演は、同年5月7日で一部のみ演奏されました。

 

ルドルフ大公に献呈され、出版されたのは1827年3月から4月に掛けてで、ベートーヴェンの死後だったようです。

ちなみにベートーヴェンは、同年3月27日に永眠しました。

 

ベートーヴェン自身この曲に絶大な自信を持っていて、書簡の中でもたびたび自分の最大の作品であると書いていたし、筆写総譜の予約を受け付けるに当たり、フランス国王を始めとするヨーロッパの主たる宮廷に勧誘状を送るなどの営業活動もしています。

 

 

スポンサーリンク

ガーディナーの名盤 ベートーヴェン ミサ・ソレムニス

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲) ニ長調 Op. 123
Mass in D Major, Op. 123, "Missa Solemnis"
作詞 : ミサ典礼文 - Mass Text

 

1.(08:49) Kyrie: Assai sostenuto (Mit Andacht)
2.(16:26) Gloria: Allegro vivace
3.(17:29) Credo: Allegro ma non troppo
4.(15:17) Sanctus: Adagio (Mit Andacht)
5.(13:40) Agnus Dei: Adagio
total(71:41)

 

シャルロット・マルジョーノ - Charlotte Margiono (ソプラノ)
キャサリン・ロビン - Catherine Robbin (メゾ・ソプラノ)
ウィリアム・ケンドール - William Kendall (テノール)
アラステア・マイルズ - Alastair Miles (バス)
モンテヴェルディ合唱団 - Monteverdi Choir
オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク - Orchestre Revolutionnaire et Romantique
ジョン・エリオット・ガーディナー - John Eliot Gardiner (指揮)

 

【UHQCD】 ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス<限定盤> ジョン・エリオット・ガーディナー

 

18世紀スタイルのオリジナル楽器によるオーケストラが、ベートーヴェンの管弦楽作品を演奏する音楽的効果の斬新さは広く認められるようになりました。この分野の第一人者であるガーディナーがベートーヴェン晩年の畢生の大作≪ミサ・ソレムニス≫を指揮したこのアルバムでは、独唱・合唱とオーケストラの織り成す清澄な音と敬虔な響きが虚飾やロマン主義的感情を排して、作品の持つ内的世界を見事に表出しています。

 

 



スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報