カール・ベームの名盤 ウィーンフィルとの“運命”厳しさより豊かさ

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

50年代のベームは厳しく造型を作り上げる指揮者でした。
そのきりりとした厳しい演奏には、襟を正さずにはいられない魅力がありました。

 

でも、70年代にウィーンフィルと録音した全集には、
50年代には見られなかった力の抜けた演奏が聴かれます。

最初効いた時は、ベームも老けたな、なんて思っていましたが、
最近は、これはこれでなかなかいいな、感じるようになりました。

 

僕自身が力が抜けてきたのでしょうか。

さて、今日はカール・ベームが70年にウィーンフィルと録音したLPをご難愛します

 



カール・ベームの名盤 ウィーンフィルとの脱力系"運命"

 

ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」
Ⅰ(08:35)Allegro con brio
Ⅱ(11:00)Andante con moto
Ⅲ(06:17)Allegro-attacca
Ⅳ(09:27)Allegro

カール・ベーム指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1970年4月25日~30日録音

 

数日前に1953年録音のベーム&ベルリンフィルの録音をご案内しました。
当時60才前のベームもこの録音時は既に70代後半。

同じ「運命」の演奏はどう変化したでしょうか?

 

このウィーンフィルとの録音は、ベルリンフィルの厳しい造形美と激しい気迫、

そしてフルトヴェングラー統治下のベルリンフィルの怒涛のアンサンブルとはちがい、

 

もっと穏やかで、力こぶの入っていない、

そしてウィーンフィルの豊穣なサウンドを楽しむ演奏になっています。

 

第1楽章の冒頭も気の抜けたような出だしで、第3楽章も気迫と緊張感に乏しく感じます。

 

最終楽章になってやっと気合が入って来たかなという演奏です。

 

でも決して平凡ではなく、ゆとりあるウィーンフィルのサウンドが素晴らしいです。

これはこれで名演と言えましょう。

 



カール・ベームの名盤 ベートーヴェンの第5番

 

ベートーヴェンの第5番は、運命という表題が付いていましたが、
その表題自体は、“英雄”“田園”とは違い、ベートーヴェン自体が付けたものではなく、
シントラーがベートーヴェンに、第一楽章の冒頭の主題の持つ意義をたずねたところ、

彼が「運命はかく扉をたたく」といった逸話より、運命という名称がついたようです。

 

ただ、この名称は、僕がクラシックを聴き始めた40年前にNHKあたりが名称を止めたようで、

いまでは言う人は少ないようです。

 

この曲、クラシック音楽のベストセラーでシューマンはこんなことを言っています。

 

「いくら聞いても、あたかも自然の現象のように、畏敬と驚嘆とが新たになる。

この交響曲は、世界の音楽が続く限り、いく世紀も残るだろう」と述べています。

 

作曲されて200年以上、シューマンの見識眼はさすがで、
まさにその予想は当たっていますね。

 



 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング