ヤンスク・カヒッゼの名演 ロシアの朝比奈と呼びたい悠然たる英雄

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ヤンスク・カヒッゼ(CDの帯にはジャンスク・カヒッゼとをよび仮名を付けていた)は、
1936年のジョージアに生まれ、

2002年に66歳という指揮者としては、
若いくらいでがんで亡くなっています。

 

経歴をみるとなかなかの人で、
モスクワではマルケビッチの指導も受けています。

 

トビリシ交響楽団の音楽監督を長く就てめていて、
90年代には、フランスにも進出し、
パリ管弦楽団を指揮した、

ベルリオーズの「ファウストの劫罰」は高い評価を受けました。

 

フランスのル・モンド紙は、「スラブのカラヤン」と称したほどです。

 

さて、カヒッゼ親子の演奏中心に収録された、
ベートーヴェンの交響曲全集では、

 

ヤンスク・カヒッゼ指揮の第3番“英雄”が白眉です。

さっそく聴いてみました。




ヤンスク・カヒッゼ指揮トビリシ響のベートーヴェン“英雄”

 

ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)

交響曲第3番変ホ長調作品55“英雄”
ⅠAllegro
ⅡAdagio
ⅢAllegro
ⅣAllegro-Andante-Presto
録音:1999年11月スタジオ
ヤンスク・カヒッゼ指揮
トビリシ交響楽団

 

第1楽章は、悠然たるテンポで展開していきます。

 

ル・モンド紙は、「スラブのカラヤン」と呼んだそうですが、
僕なら、「スラブの朝比奈隆」と呼びたくらいです。

 

理由は、その悠然たるテンポ設定です。

 

朝比奈隆の指揮をドイツ人よりもドイツっぽい演奏と言った
評論家がいましたが、

 

ヤンスク・カヒッゼの演奏は、
往年のドイツの巨匠の演奏を思い出させる名演です。



100人の指揮者がいれば100通りのベートーヴェン

 

クラシック音楽は、作曲家が書いたスコアを
実際の音にして。聴衆に届けて初めて作品になります。

 

同じ文章を読んでも、それぞれ個性があるように、
同じスコアでも100人の指揮者が演奏すれば、
100通りの演奏があるわけです。

 

ベートーヴェンが好きなのと、
ベートーヴェンの交響曲はわかりやすいので、
低敵的に中古CDショップに足を運んで、

知らない指揮者の演奏ないかな、と探すのが楽しいひと時です。

 

ヤンスク(ジャンスク)・カヒッゼという指揮者の名前も、
1週間前には、知りませんでした。

 

世界は広いですね。

 

こんな出会いがあるから、中古CDショップ通いは
やまられないのです。

まとめ

 

本場ドイツでは、僕の知らない指揮者が、
伝統の響きも懐かしい、名演が繰り広げられているのかもしれません。

 

一方、日本に来る外国人観光客が、
日本人自身が、あまり興味を示さないし、

忘れ去られようとしている
伝統芸能に興味を示したりします。

 

ベートーヴェンの本場と思われるドイツ・オーストリアでは、
古楽器演奏に始まり、斬新的で実験的な方向にも大いに進んでようなのに、

 

離れた、ジョージア、そして極東日本では、

往年のドイツ風の演奏がカヒッゼや朝比奈に

よってされていたのは、興味深いです。



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング