ユロフスキの名盤 ベートーヴェン”英雄” 推進力とこだわりのライブ

目安時間:約 9分
  • 人気ブログランキング

ウラディミール・ユロフスキは、
1972年ロシア・モスクワ生まれの

現代世界中からもっとも熱い視線を
注がれている指揮者の一人です。

 

僕は、ピアニスト、エレーヌ・グリモーの
ベートーヴェンの"皇帝"を聴いていて、

 

この伴奏している指揮者の名前は初めて見るけど、
カッコいい指揮するなぁ、というところから
興味を惹かれて聴くようになりました。

 

 

 

今日は、ユロフスキが同じベートーヴェンの交響曲第3番"英雄"を
指揮したライブのCDをご案内します。

 




ユロフスキのベートーヴェン交響曲第3番は聴きごたえ十分!

 

ユロフスキの英雄は、颯爽とした推進力の高い演奏で、
しかも細部へのこだわりも強く、

適当に処理している部分は全くないという素晴らしい演奏です。

 

ピリオド楽器奏法も取り入れ、一般的な改変も極力しないで、
原典主義に徹した演奏です。

 

それがかえって、清々しく気持ちよく新鮮です。

 

面白いのは、この3月に来日しますが、
プログラムの中に、ベートーヴェン交響曲第7番のマーラーの編曲版があるのです。

 

僕は、マーラーの編曲版は未聴ですが、

ここにユロフスキの作品に対する誠実さが伺えます。

 

つまり、通常の演奏は、あくまで作曲家の意思を尊重し原典版を使用する。
もし、改変するなら、ちゃんと本人または他人が編曲されたスコアを使う、ということです。

 

例えば、"英雄"で一般的に行われているスコアの改変は、第一楽章のコーダで、
スコアでは、木管が吹くところをトランペットに吹かせる部分です。

 

ユロフスキは、スコア通り木管に吹かせています。

 

ベートーヴェンの"英雄"というとそれこそ、

LP、CDは星の数ほど発売されてきましたが、

 

ユロフスキ&ロンドンフィルのライブ録音が、

トップクラスの魅力を持っていると信じます。



ユロフスキの名盤 ベートーヴェン交響曲第3番"英雄"を聴け!

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55
Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55, "Eroica"

 

1.(16:00) I. Allegro con brio
2.(14:44) II. Marcia funebre: Adagio assai
3.(05:40) III. Scherzo: Allegro vivace
4.(12:11) IV. Finale: Allegro molto
total(48:35)

 

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 - London Philharmonic Orchestra
ウラディーミル・ユロフスキ - Vladimir Jurowski (指揮)
録音: 22 January 2014, Royal Festival Hall, Southbank Centre, London, UK

 

* * * * * * * * * *

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
5.(07:15) 歌劇「フィデリオ」 Op. 72 - 序曲 5.
Fidelio, Op. 72: Overture

 

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 - London Philharmonic Orchestra
ウラディーミル・ユロフスキ - Vladimir Jurowski (指揮)
録音: 3-4 September 2015, Royal Albert Hall, London, UK

 

 

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」/歌劇「フィデリオ」序曲(ロンドン・フィル/ユロフスキ)

 

 

現在最も注目される指揮者の一人、ウラディーミル・ユロフスキの「英雄」交響曲。

 

「ユロフスキは、新旧のスタイルの両方から良いところを取り入れ、推進力のある音楽を作り出します。そして細部にこだわりをみせながらも、常に全体の調和とテクスチャーを重視しています。」
Guardian誌 2014年1月22日

 

2007年からロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めているユロフスキ。すでにオーケストラとも数多くの録音があり、イギリスのGramophone誌をはじめ、世界中のメディアで絶賛されています。2014年に収録された「ベートーヴェン:交響曲第3番」は、LPO自主レーベルでの初レパートリーとなる録音であり、以前リリースされたマズア指揮の「第1番、第4番」と共にレーベルにおける「ベートーヴェン・シリーズ」の1枚となります。演奏は、極めて若々しくスマートな表現が特徴的。最近多い「ピリオド系」奏法を意識しながらも、特定の楽器の響きを強調することや、極端なテンポ設定を行うことはなく、曲全体が流麗で美しい響きに満たされています。もちろん、平板な表現ではなく、第1楽章の第2主題への経過部では少しだけテンポを落とすなど、独自の解釈も展開。重厚、沈痛な第2楽章、軽やかな第3楽章、劇的な終楽章、全曲を一気呵成に聞かせます。
ナクソス・ジャパン
以上、タワーレコードより

 

 



最後に

 

ユロフスキは、今年3月に2回目の来日をします。

 

前回は、一昨年2017年にロンドンフィルハーモニー管弦楽団と初来日し、
その確かな音楽性とカリスマ性で日本の聴衆を魅了しました。

 

今回は、2017/28シーズンより、首席指揮者・音楽監督に就任した、
ベルリン放送交響楽団を率いての来日です。

 

3月20日(水)の東京文化会館を皮切りに

長野、神奈川の座間、西宮の兵庫県立芸術文化センター、

東京に戻り、新宿文化センター、サントリーホール、

最後は名古屋の愛知県芸術劇場コンサートホールという

8日間で7公演というハードな日程でコンサートを開催します。

 

ソリストとして、レイフ・オヴェ・アンシネス(ピアノ)、

諏訪内晶子(ヴァイオリン)が同行します。

 

https://www.japanarts.co.jp/

なお、全国ツアーの詳細はこちらのウェブサイトで確認ください。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村