ラトルとウィーンフィル ベートーヴェンの第九 聴いてみたら凄かった!

目安時間:約 8分
  • 人気ブログランキング

サイモン・ラトルが、

2002年、まだ40代の時に

ウィーンフィルと録音した

ベートーヴェンの交響曲全集は、

 

僕の取って期待外れな全集だった、

と最初聴いたとき感じました。

 

でも、それは現在間違いだったとここで訂正いたします。

 

というのは、宇野功芳氏が、

最後の力を振り絞って書き下ろした、
『ベートーヴェン 不滅の音楽を聴く』で、

第九に関しては、絶賛しているのです。

 

そこで、僕は半信半疑、

ラトル&ウィーンフィルの第九を聴いてみました。

 

そうしたらとんでもない名演だったのです。

 




ラトル&ウィーンフィルのベートーヴェン交響曲全集は聴き直すべし

 

僕は、50年近く前の中学生の時、

宇野功芳氏の評論に接し、
氏の歯に衣着せぬ評論が好きで、

氏の推薦するLPやCDを中心に購入したり聴いた入りしたものです。

 

そして概ね宇野氏の推薦する演奏や録音には感銘を受けました。

 

しかし、宇野氏も人間です。

時には、間違いもあります。

自ら訂正されることもありまし、
僕自身、宇野氏の推薦盤を聴いて、

時には、どこがいいの?というものもありました。

 

僕が深く感動した演奏を宇野氏が、

全く取り上げないということもあります。

 

だから、最初ラトル&ウィーンフィルの第九が、

フルトヴェングラーの名盤(バイロイト祝祭菅、ウィーンフィルなど3種類を推薦)に次いで

推薦されていることに驚いたのです。

 

82年の『僕の選んだベートーヴェンの名盤』で◎推薦だった、

バーンスタイン&ウィーンフィルや

ハンス・シュミット=イッセルシュテット&ウィーンフィル盤は、触れる程度でした。

 

でもそれは当然で、その後の30年の間に

たくさんの新盤や復刻盤が出てきたのです。

 

むしろ、古い録音や記憶に拘る方がおかしいので、

僕は宇野氏が最後まで、感動できる演奏を

読者に届けたいという姿勢に感心しました。

 



ラトル指揮ウィーンフィル ベートーヴェン交響曲第9番"合唱付き"

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125
Symphony No. 9 in D Minor, Op. 125, "Choral"
作詞 : フリードリヒ・フォン・シラー - Friedrich von Schiller

 

1.(16:56) I. Allegro ma non troppo, un poco maestoso
2.(11:59) II. Molto vivace
3.(17:03) III. Adagio molto e cantabile
4.(06:19) IV. Finale: Presto - Allegro assai -
5.(17:40) IV. Recitativo: O Freunde, nicht diese Tone
total(69:57)

 

バーバラ・ボニー - Barbara Bonney (ソプラノ)
ビルギット・レンメルト - Birgit Remmert (アルト)
カート・ストレイト - Kurt Streit (テノール)
トーマス・ハンプソン - Thomas Hampson (バリトン)
バーミンガム市交響合唱団 - City of Birmingham Symphony Chorus
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 - Vienna Philharmonic Orchestra
サイモン・ラトル - Simon Rattle (指揮)

 

Beethoven: Complete Symphonies サイモン・ラトル 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

レコメンドはサイモン・ラトルが2002年にムジークフェラインでウィーン・フィルと行った、ベートーヴェンチクルスのライヴ録音による全集です。発売当時、斬新な解釈で話題を呼びました。ぜひご一聴ください。ナクソス・ミュージック・ライブラリーより

 



 

サイモン・ラトル指揮ウィーンフィルのベートーヴェン第九を聴いて

 

先日、ラトルはロンドン交響楽団と来日しました。

 

僕と同じ合唱団に所属し、

現在86歳にして元気に

バッハのマタイ受難曲に挑戦されているIさんが、

みなとみらいホールに、

ラトル指揮ロンドン交響楽団のマーラー交響曲第9番を聴きに行かれました。

 

それはそれは感動されたそうで、
その感動を合唱団の機関紙に寄稿もされていました。

 

そういれば、宇野氏もその著書の中で、

ラトル&バーミンガム市響のショスタコーヴィチなどを推薦されていました。

ずっとチェックいたのでしょう。

 

僕は、今回の宇野氏の文章に触れ、

ラトルの第九を改め聴いて感銘を受けました。

 

だから、評論家の存在は大切ですし、

人の意見には耳を傾けるべきと改めて自分に言い聞かせました。

 

 

最後に

 

サイモン・ラトルは、1955年生まれ。僕より2歳上。

 

佐渡裕は、1961年生まれ。僕より4つ下。

 

この二人は、同世代のヒーローとして僕は気にしています。

 

でも、あまりしっかり聴いてこなかったのも事実。

ちゃんと聴こう。。。

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村