ルドルフ・ケンペの名盤 ベートーヴェン交響曲全集 これぞドイツの名盤

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

こんにちは。

ともやんです。

ルドルフ・ケンペ(1910-1976)
ドイツ、ドレスデン生まれの指揮者。
ケンペは、カラヤンより2歳年下なので同世代で、音楽性や実力を考えて見劣りはしないながらも、でも人間長生きした方が得という典型だろうか。
以前もある音楽雑誌に某評論家が、指揮者は長生きした方が絶対得だというコメントされていました。
ケンペは、これから巨匠へという66歳という指揮者にとっては働き盛りで惜しくも亡くなっています。
当然本人が一番悔しいでしょうが、ファンとしては、もっと長生きして、円熟した演奏を聞かせて欲しかった、と誰もが思うような人でした。
スポンサーリンク

ルドルフ・ケンペの名盤 ベートーヴェン交響曲全集

あの20世紀の巨人、オットー・クレンペラーも、もし60代で亡くなっていたら、
フィルハーモニア菅との録音もほとんどなかっただろうし、後世の評価も大分違っていたことだろうと思います。
さて、ルドルフ・ケンペ。
ケンペは、奇をてらわなず誠実な演奏をする、表現も中庸という評判が定番になっているようです。
実際、彼の代表盤として評価の高いミュンヘンフィルとのベートーヴェン交響曲全集も
誠実に楽譜の一音、一音を丁寧に再現しているという演奏です。
しかも全体の構成もしっかりしていて、細部の隅々まで神経を通わせている演奏です。
これぞドイツという質実剛健な名盤です。

 

 

ベートーヴェン:交響曲第1番 第5番「運命」 ルドルフ・ケンペ

ドイツの伝統的な、ベートーヴェンの実相が浮かび上がるルドルフ・ケンペの名盤。

ベートーヴェン:交響曲第1番、第5番「運命」を収録。

 

 

ベートーヴェン:交響曲 第6番「田園」 「レオノーレ」序曲 第3番 ルドルフ・ケンペ

ルドルフ・ケンペの誠実なアプローチからそこはかとなく浮かび上がる堅牢無比のベートーヴェン像。

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」、「レオノーレ」序曲第3番を収録。

 

 

ベートーヴェン:交響曲 第3番「英雄」 バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲 劇音楽「エグモント」序曲 ルドルフ・ケンペ

スポンサーリンク

 

実直なまでに自己を抑えながらベートーヴェンの本質に迫るルドルフ・ケンペ。ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」、「プロメテウスの創造物」序曲他、収録。

 

 

ベートーヴェン:交響曲 第9番「合唱」 ルドルフ・ケンペ

 

ルドルフ・ケンペ晩年の金字塔、堅牢で無駄のない演奏を展開した代表的な録音。

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」を収録。

 

 

ベートーヴェン:交響曲第7番 第8番 ルドルフ・ケンペ

ベートーヴェンの音楽の美しさと力強さを、力みなくストレートに伝えるルドルフ・ケンペの至芸。

 

 

ベートーヴェン:交響曲第2番 第4番 ルドルフ・ケンペ

内面から自ずから湧き上がる高揚感が魅力の、ベートーヴェン音楽の本質をじっくりと語りかけるルドルフ・ケンペの境地。

ベートーヴェン:交響曲第2番、第4番を収録。



スポンサーリンク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村