世界は広い ロシア人指揮者ティトフの名演 ベートーヴェン第7交響曲

目安時間 3分

アレクサンドル・ティトフは、
1954年ロシアのサンクトペテルブルク生まれの指揮者。
今年64歳。

 

1990年から1994年にかけて、
ロジェストヴェンスキー、
ロストロポーヴィチの助手を務め研鑽を積み、

 

2007年から2013年まで
サンクトペテルブルク国立アカデミー交響楽団の
首席指揮者を務めました。

 

またサンクトペテルブルク音楽院の
教授も務めています。

 

2005年にロシア連邦功労芸術家の称号を授与されるなど、
まさにロシアの実力者指揮者なのです。

 

そんなティトフ指揮ベートーヴェンが、

格調高く素敵なんですね。

 




アレクサンドル・ティトフのベートーヴェン交響曲第7番

 

ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲第7番イ長調作品92
ⅠPoco sostenute-vivace
ⅡAllegretto
ⅢPresto
ⅣAllegro
録音:1999年12月スタジオ
アレクサンドル・ティトフ指揮
トビリシ交響楽団

スポンサーリンク

 

アレクサンドル・ティトフは、今年64歳。

 

サンクトペテルブルク音楽院の教授を務めているそうで、
演奏からも知的な紳士然とした風貌が思い浮かびます。

実際の顔は知りませんが。。。

 

第7交響曲は、第1楽章の出だしから、
その格調の高さと澄み切った響きが素晴らしいです。

 

とかく力を入れたくなりそうなこの曲ですが、
常に7分から8分の力で、音楽は自然な響きで進んでいきます。

 

さすがに終楽章は、鋭さが出てきますが、
どこにも絶叫することがない、

慎ましさも併せ持っています。

 

ロシアでは、それなりに著名な指揮者かもしれませんが、
日本ではほとんど無名と思います。

 

しかし、そんな指揮者が、

こんな素敵な演奏を録音しているのですから、
世界は広いですね。

 

こんな発見があるから、

クラシック音楽を聴くのをやめられません!



スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報