小林研一郎の第九 九州交響楽団のライブ 炎のコバケン 魂の名演

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

2015年の大みそか以来、

僕は3年連続、東京文化会館に通っています。

 

それは、『ベートーヴェンは凄い!』と題する、

ベートーヴェン交響曲9曲を一晩で演奏するコンサートを聴くためです。

 

今年も大みそかのチケットも取りました。

 

大体いつも7月にチケットが発売され、すぐ取るのですが、
もうそれからこの大みそかが楽しみで生きているようなものです。

 

何と言っても、演奏が、

炎のコバケンこと小林研一郎指揮の

岩城宏之メモリアル・オーケストラだからです。

 




小林研一郎のベートーヴェン 円熟の彫りの深さは絶品

 

以下の記事は、今年1月の毎日新聞の記事ですが、

 

筆者は、15回開催の内、14回聴かれていて、しかも2007年以降、
つまり小林研一郎が一人で担当するようになってから聴き続けて、
その小林研一郎の音楽作りの変化について書かれています。
↓ ↓ ↓
https://mainichi.jp/classic/articles/20180116/org/00m/200/001000d

 

今日紹介するCDは、1998年、小林研一郎も58歳で、

まさに炎のコバケンの異名がぴったりの小林研一郎の唸り声まで聞こえる、

まさに燃えたぎる演奏です。

 

しかし、僕が聴きだした2015年以降は、そんなイメージとは違っていました。

 

小林研一郎の演奏は、確か80年代にマーラーの復活の演奏を聴きましたが、
それ以来で、やはり年齢と共に円熟と彫りの深さを大いに感じました。

 

僕が大みそかに行きだした2015年以降は、テンポも遅くなり、

じっくり聴かせる深い音楽作りになってきていると思います。

 

その分、心に深く沁み込んできます。

小林研一郎も今年で78歳なられたのですね。

 



小林研一郎 1998年のライブ 九州交響楽団との熱い魂の凄演

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125
Symphony No. 9 in D Minor, Op. 125, "Choral"
作詞 : フリードリヒ・フォン・シラー - Friedrich von Schiller

 

1.(16:50)I. Allegro ma non troppo, un poco maestoso
2.(10:53)II. Molto vivace
3.(15:59)III. Adagio molto e cantabile - Andante moderato
4.(26:39)IV. Finale: Presto - Allegro assai
total(70:21)

 

高橋薫子 - Nobuko Takahashi (ソプラノ)
栗林朋子 - Tomoko Kuribayashi (アルト)
伊達英二 - Eiji Date (テノール)
直野資 - Tasuku Naono (バリトン)
福岡県合唱連盟 - Fukuoka Department Choral Association
九州交響楽団 - Kyushu Symphony Orchestra
小林研一郎 - Ken-Ichiro Kobayashi (指揮)

 

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(九州交響楽団/小林研一郎)

 

投稿日:2012/12/20
年末恒例の第九。2012年最後のレコメンドは、「炎のコバケン」小林研一郎&九州交響楽団によるアルバムです。1998年12月に行われた福岡サンパレスホールでのライヴ録音。ライブならではの臨場感あふれるアルバムで、特に4楽章の歓喜の歌では、燃えたぎる指揮が目に浮かぶようです。フィナーレに向かうにしたがって、オーケストラも合唱もだんだんテンションが上がっていきます(コバケンさんの唸り声も入っています)。炎の男による、炎の第九で年末を締めくくりましょう。

 

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング