バルビローリ マーラー第9番 ベルリンフィルと一期一会、奇跡の名演

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

グスタフ・マーラー(1860-1911)は、好きかと聞かれれば、
好きだ!と即答します。

 

しかし、答えた瞬間、

いや、苦手な曲もあるな、と思ってしまいます。

 

いや、もしかして苦手な曲、

聴かず嫌いな曲の方が多いかもしれません。

 

ちょっと簡単に分析してみましょう。

 

1、無条件で好きなのが、
第1番“巨人”、第2番“復活”、そして今日ご紹介する第9番。

 

2、条件付きで好きなのが、
第4番、第5番、第7番、大地の歌

 

3、遠慮したいのが、
第3番、第6番、第8番

 

2の条件付きで好きというのは演奏者によります。
例えば、第4番は、バーンスタイン指揮NYフィル、
第5番は、バルビローリ指揮ニュー・フィルハーモニア
第7番は、クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニア
大地の歌は、ワルターかクレンペラー

 

3の遠慮したいというのは、バーンスタインで全集も入手したので
そのうち聴きたいと思っています。

 

意外と第6番なんかは、好きになるかもしれません。




 

 

 

 

バルビローリのマーラー交響曲第9番はイイ!

 

グスタフ・マーラー(1860-1911)
交響曲第9番
Ⅰ(26:46)Andante comodo
Ⅱ(14:51)Im Tempo eines genachlichen Landlers
(Etwas tappisch und sehr derb)
Ⅲ(13:34)Rondo-Burleske(Allegro assai.Sehr trotzig)
Ⅳ(23:01)Adaguo(Sehr langsam;molto adagio)

サー・ジョン・バルビローリ指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1964年1月10日、11日、14日、18日
場所:イエス・キリスト教会

 

 

この録音は、前年の63年にバルビローリーが、

ベルリンフィルに客演した際、メンバーが大きな感銘を受けたことで、

ベルリンフィルの総意による切望のもと行われた伝説的録音です。

 

当時、常任指揮者のカラヤンが、

まだマーラーをレパートリーにしていなかったのも幸運でした。

 

僕は、マーラーの第9番が大好きで、

CDも何枚か持っています。

 

ワルター、バーンスタイン、クレンペラー、

クーベリック、シェルヘン、朝比奈隆(LP)は、

どれも捨てがたい名演、名録音です。

 

でも、おすすめの1枚を挙げてほしい、

と言われれば、このバルビローリ盤を躊躇なく選ぶでしょう。

 

※ベルリン

 

バルビローリ&ベルリンフィルの奇跡の美

 

僕は、この素晴らしい演奏をうまく表現できないので、

福島章恭著「交響曲CD 絶対の名盤」より引用いたします。

 

さすがにベルリン・フィルが望んだだけのことはある演奏だ。
ベルリン・フィルの剛毅で重量感溢れるサウンドとバルビローリの歌ごころが高次元で融合して、

この世の奇跡とも思われる美が展開される。

 

ことに、夕日の照り映え金色に輝く麦畑のように美しいフィナーレが感動的である。

ここには、死の恐怖というよりは、死への甘い憧れすら感じられるではないか。

 

さすが、福島氏、名文です。

いやぁ、フィナーレは胸が掻きむしられる思いを通り越して、
もうあの世にでもいるかのような清々しい気持ちになります。

 

マーラー:交響曲 第9番 ジョン・バルビローリ 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 

 

バルビローリ&ベルリンフィルもマーラー第9交響曲の録音が、
この曲を愛する人はもちろん、

多くの方に聴いて頂きたい名演の名盤です。

 

これぞ、聴かずに死ねない名盤です!

 

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング