ブルーノ・ワルターの名盤 マーラー交響曲第1番”巨人”のベスト盤

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

コロンビア交響楽団は、1950年代から60年代に掛けて

アメリカのコロンビア・レコード社が録音用のオーケストラとして編成したオーケストラです。

 

常設のオーケストラではなく、メンバーもその都度入れ替わったり、

契約上の都合で、既存のオーケストラだったりもしたそうです。

 

コロンビア交響楽団というと巨匠ブルーノ・ワルターとの

膨大なステレオ録音でその名を知る人が多いと思います。

 

詳しくは、拙ブログ「クラシック名盤 感動サロン」に書いています。
ぜひ読んでみてください。

ワルターの名盤ベスト3
ワルター&コロンビア響の名盤というとそれはそれはたくさんあります。

 



 

ベスト3なんて選ぼうと思うと、クラシック音楽ファンなら、

人それぞれ自分なりの意見があると思いますし、それだけ貴重な録音が多く残されているということです。

 

どの演奏も水準以上で得意だったモーツァルトを始め、

ベートーヴェン、シューベルト、ブルックナー、ブラームス、マーラーとたくさんあって、

ベスト3を選ぼうと思うと悩んでしまいますが、僕は、次の3つをベスト3に挙げます。

 

ベートーヴェン交響曲第6番「田園」
シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」
マーラー交響曲第1番「巨人」

 

この3つは、それぞれの曲にも最高の名盤と評価され、聴かずに死ねない名演です。

 

ワルター&コロンビア響のマーラー巨人
20世紀の巨匠、ブルーノ・ワルター(1876-1962)は、

生前モーツァルトとマーラーを得意として高い評価を得ていました。

 

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」
Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

 

1.(13:21) I. Langsam, schleppend
2.(06:50) II. Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell
3.(11:23) III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
4.(20:22) IV. Sturmisch bewegt
total(51:51)

 

コロンビア交響楽団 - Columbia Symphony Orchestra
ブルーノ・ワルター - Bruno Walter (指揮)

 

【Blu-spec CD2】 マーラー:交響曲第1番「巨人」 ブルーノ・ワルター

ブルーノ・ワルターはマーラーの愛弟子であり、その解釈はまさしく作曲家直伝といえるもの。

このアルバムは、この曲の永遠のスタンダードとしてこれまでも愛聴されてきた作品。

タワーレコードより

 



 

 

「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

登録は、以下をクリックしてください。
もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓

メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村