モーツァルト 40番とジュピター ペーター・マークの情感溢れる名演で

目安時間:約 7分
  • 人気ブログランキング

若い頃、ビートルズのイエスタディーを
ある黒人女性歌手がカバーして歌っているのを聴いて、
その情感たっぷりな歌い方に、嫌悪感を抱いた記憶があります。

 

しかし、その女性歌手は、たしか名前は失念しましたが、

実力も人気も兼ね備えた歌手だったと思います。

 

一方、オリジナルの曲を歌うのは、この曲を作詞・作曲したポール・マッカトニーで、
淡々とあっさりと歌っています。

 

僕は、これがクラシック音楽における、作曲家と演奏者の関係かなと思いました。

 

ペーター・マーク指揮パドヴァ・ヴェネト管弦楽団の

モーツァルト交響曲第40番と41番"ジュピター"をご案内します。



ペーター・マークの名盤 モーツァルト交響曲第40番と"ジュピター"

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
交響曲第40番 ト短調 K. 550
Symphony No. 40 in G Minor, K. 550

 

1.I.(08:46) Molto allegro
2.II.(08:35) Andante
3.III.(04:31) Menuetto: Allegretto
4.IV.(07:00) Allegro assai
total(28:52)

 

パドヴァ・ヴェネト管弦楽団 - Padova e del Veneto Orchestra
ペーター・マーク - Peter Maag (指揮)

 

※モーツァルト像

 

交響曲第41番 ハ長調 「ジュピター」 K. 551
Symphony No. 41 in C Major, K. 551, "Jupiter"

 

5.I.(12:14) Allegro vivace
6.II.(09:38) Andante cantabile
7.III.(05:27) Menuetto: Allegretto
8.IV.(09:27) Molto Allegro
total(36:46)

 

パドヴァ・ヴェネト管弦楽団 - Padova e del Veneto Orchestra
ペーター・マーク - Peter Maag (指揮)

 

 

モーツァルトの交響曲第40番ト短調は、その憂いを秘めた旋律から、
「悲しみのシンフォニー」としてポップスの曲にアレンジされたほどです。

 

ペーター・マークのモーツァルトは、

そのメロディーを活かし情感を込めた演奏の最右翼と思います。

 

でも、そこが嫌味でなく、ああ、いい曲だな、と感じてしまうのは、
やはりペーター・マークの芸術性の高さだと思います。

 



ペーター・マークの名盤 モーツァルト交響曲第40番と"ジュピター"

 

40番は、ひとつひとつのフレーズに無数のニュアンスを散りばめて
心の籠った名演を展開しています。

 

特に内声部のメロディーや動きがこれほど表情豊かに物いう演奏はないでしょう。

有名な主旋律を追うよりもつい内声部の動きを追ってしまい、

そこに新鮮な感動を受けてしまいます。

 

また響きが有機的で温もりを感じさせ、聴いていると心がほっこりとして
幸せな気持ちにしてくれます。

 

41番ジュピターは、40番と同じように有機的で温もりのある響きに
雄渾さが加わり、立派な音楽を聴かせてくれます。

 

このマーク&パドヴァ・ベネト管は、細かな表現に疎かにせず、
相当リハーサルを積んでの録音に臨んでいるのでしょうか、
これほど心の籠った演奏はまれだと思います。

 

この演奏は、ぜひ聴いてほしい名演です。

 



最後に

 

ペーター・マークは、

その才能をフルトヴェングラーに認めながら、

 

商業主義に走るのを嫌い、

メジャーオーケストラの誘いを断り

 

地道な活動を続けた人です。

 

ぜひ、マークの心温まる名演に接して柔軟な心を取り戻してください。

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング