リフシッツの名盤 21世紀の ゴルトベルク変奏曲を聴け!

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

僕の愛聴盤は、グレン・グールドのゴルトベルク変奏曲です。

 

しかも最後の録音のなった81年のものです。

レコード史上、不朽の名盤とも言われています。

 

さて、今日ご紹介するピアニスト、コンスタンティン・リフシッツ(1976年ウクライナ・ハルキウ生まれ)は、18歳の時、グネシン音楽学校の卒業記念で弾いたゴルトベルク変奏曲が話題になり、その後録音したDenon盤が、グラミー賞にノミネートされたというほどの逸材です。

 

それから20年後に録音したのが、今回ご案内する演奏です。

 

テンポや表情付けなどグレン・グールドを思わせますが、もっとゴツゴツした感じがします。

 

グールドを聴きなれた耳には、最初は多少違和感があるのですが、その武骨さが、だんだん馴染んでくると、なんだろう読みづらい文学の名作、例えばドストエフスキーの「罪と罰」、トルストイの「アンナ・カレーニナ」などを読み初めて、最初はぎこちなく読み進むけど、だんだん、心に突き刺さってくる感じ。

 

80分間、聴き終わると、なんか長編小説を読み終えたような感銘が残ります。

ゴルトベルク変奏曲を愛する方は必聴の名盤です。

 




コンスタンティン・リフシッツの名盤 バッハのゴルトベルク変奏曲

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)
ゴルトベルク変奏曲 BWV 988
Goldberg Variations, BWV 988

コンスタンティン・リフシッツ - Konstantin Lifschitz (ピアノ)

演奏時間(80:25)

 

J.S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV 988 (リフシッツ)

 

1994年、当時18歳だったコンスタンチン・リフシッツがグネシン音楽学校の卒業記念で弾き大騒ぎとなった「ゴルトベルク変奏曲」。その数日後に録音されたDenon盤は世界中の評判となり、グラミー賞にもノミネートされました。以後、リフシッツの代名詞となっていましたが、20年を経てついに再録音が登場します。

 

演奏時間はDenon盤より2分ほど長くなっていますが、基本的な解釈は変わっていません。しかし20年来の練り込みと積んできた人生経験が反映され、音楽的な深みと説得力は驚くべき高さとなっています。

 

「ゴルトベルク変奏曲」といえば、古くはランドフスカ、新しくはグールドの決定的名演が知られていますが、リフシッツはその偉大な先人を辿りつつ、不眠症に悩んでいた駐ドレスデンのロシア大使カイザーリング伯爵のためにバッハが奏した縁にまで立ち返っています。ロシアとの関係を暗示させるその孤高さ崇高さは、アンドレイ・タルコフスキーの映画を観終えた後のような深い感銘を与えてくれます。

 

とにかく30代でここまで深い世界を描くリフシッツ、ただ者ではありません。21世紀の「ゴルトベルク」像誕生と申せましょう。キングインターナショナル

 



「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓
メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村