レオンハルトの名盤 バッハのゴルトベルク変奏曲

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

グスタフ・レオンハルト(1928-2012)は、オランダの鍵盤楽器奏者、指揮者、教育者、音楽学者として83年間の生涯を送った人です。

 

またピリオド楽器による古楽器演奏運動のパイオニアにして中心人物としても知られた人です。

 

風貌からして、いかにも厳格な方といういう印象があります。

 

ヨハン・セバスティアン・バッハの名曲、ゴルトベルク変奏曲を愛する者としては、この人の演奏は、聴いておかなければと聴きました。

 

レオンハルトは、生涯にゴルトベルク変奏曲を3回録音していますが、僕が聴いたのは1964年の2回目の録音です。

 




レオンハルトのゴルトベルク変奏曲 これぞスタンダードの名盤

 

レオンハルトは、1953年の25歳の時に1回目の録音をしていて、その後約10年おきに録音しています。

 

この2回目の録音のアリアを聴いた瞬間、これだ!と思いました。

 

テンポといい、表現といい、これがスタンダードとして残る演奏だと感じたのです。

 

リヒターとヴァルヒャもアリアの部分だけ聴いてみましたが、レオンハルトが、一番しっくりいく感じです。

 

今は、グレン・グールドの80年の録音とレオンハルトの2回目があればいいかな。

 



グスタフ・レオンハルトの名盤 2回目のゴルトベルク変奏曲

 

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)
ゴルトベルク変奏曲 BWV 988
Goldberg Variations, BWV 988
グスタフ・レオンハルト - Gustav Leonhardt (チェンバロ)
演奏時間(47:48)
録音1964年

 

J.S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲(レオンハルト)

 

バッハの傑作の前人未到の巨大な変奏曲作品『ゴルトベルク変奏曲』。バッハの鍵盤楽器の技法の真髄が余すところなく示された名作です。繊細なアーティキュレーションと独特なアゴーギグによって、レオンハルトがバッハの真の音楽を完璧に表わした名盤中の名盤です。3回この曲の録音を行っているレオンハルトによる、1964年の2回目の録音です。
ワーナーミュージック・ジャパン



「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

登録は、猫の画像をクリックしてください。
もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓

メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村