ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ(以降ナージャ)は、1961年生まれの女流ヴァイオリニスト。

 

今年で58才ですが、本日紹介するメンデルスゾーンのCDが出た1987年当時は、まだ20代で、TVで観たそのワイルドなステージから僕はヴァイオリン界のアルゲリッチと感じていました。

 

しかし、このCDが出た時は話題になりまし、評論家の宇野功芳氏も絶賛していましたが、その後同世代のアンネ・ゾフィー・ムターや10才位年下の五嶋みどりや諏訪内晶子に比べ明らかに話題になることがなくなったように感じます。

 

僕自身、結局過去の人なのかな、とも思っていました。

しかし、地道に演奏活動は続けていて、来日公演も行っています。

 

2009年には秋山和慶&東京交響楽団、2012年にはスラトキン&NHK交響楽団と共演もしています。

 

ただ、CDは少ないようで、30年前にメンデルスゾーンを聴いてこれからを楽しみにいていた僕には、少し寂しい感じですね。

 

次に来日する機会があれば、ぜひコンサートに足を運びたいと思います。

 



ナージャ・サレルノ=ソネンバーグの名盤 メンデルスゾーンの協奏曲

 

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op. 64
Violin Concerto in E Minor, Op. 64, MWV O14

1.(14:43) I. Allegro molto appassionato
2.(09:33) II. Andante non troppo
3.(06:53) II. Allegretto non troppo - III. Allegro molto vivace
total(31:09)

 

====================

 

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saens (1835-1921)
4.(10:51) ハバネラ(アヴァネーズ) Op. 83
Havanaise, Op. 83

 

====================

 

5.(10:40) 序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 Op. 28
Introduction et rondo capriccioso in A Minor, Op. 28

 

====================

 

ジュール・マスネ - Jules Massenet (1842-1912)
6.(07:25) 歌劇「タイス」 - 第2幕 瞑想曲
Thais, Act II: Meditation

ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ - Nadja Salerno-Sonnenberg (ヴァイオリン)
ニューヨーク室内交響楽団 - New York Chamber Symphony
ジェラード・シュワルツ - Gerard Schwarz (指揮)
1987年録音

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、他

 

起伏の大きな表情、陶酔的な歌いまわしなど、強烈なアピールによるきわめて個性的な演奏です。もはや破天荒な演奏、というよりはやりたい放題な演奏といってもよいでしょう。こんな粘着質なメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲や「タイスの瞑想曲」を聴いたことがありません。これらの演奏を例えていうならば鮒寿司やブルーチーズを初めて食べたときのような感覚に近いです。好きな人にとっては病みつきになる味でしょうし、嫌いな人にとっては一生縁がないでしょう。極端に好き嫌いが分かれる演奏だと思いますが、私は病みつきになる味になっています。
ナクソス・ミュージック・ライブラリーのレビューより

 

 




「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

 

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

 

ご登録はこちらから。もちろん無料です。

メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです


音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村