アリス=紗良・オット グリーグピアノ協奏曲、抒情小品集

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

こんにちは。

ともやんです。

 

アリス=紗良・オットの確かなテクニックと優しく繊細なセンス溢れるピアノが聴かれるアルバムをご案内します。

グリーグのピアノ協奏曲と抒情小品集です。

https://a.r10.to/hbViXW

 

アリス=紗良・オットは、1988年にドイツ人の父と日本人の母の間に生まれています。
3才年下の妹、モナ=飛鳥・オットもピアニストです。

 

素朴ながら力強く、繊細な抒情に溢れるグリーグの曲は、アリス=紗良・オットにぴったりだと思います。

 




アリス=紗良・オット 難病を発表

 

ところが、輝かしい未来に溢れる若いピアニストに厳しい試練が待ち受けていたのです。
今年2月15日に難病であることを発表したのです。

その病名とは、多発性硬化症。

 

あの不世出のチェリスト、ジャクリーヌ・デュプレから音楽と命を奪った忌まわしい病です。

一番ショックなのは当然本人で、その病名を告げられた時は、想像を絶する心境だったと思います。

しかし、彼女は気丈にも病名を発表し、予定されているコンサートも出演すると報告しています。

 

今日9月29日(日)相模原の相模女子大のホールで日本フィルのコンサートがあります。
これにアリス=紗良・オットが出演します。

 

指揮が井上道義。
伊福部昭:《日本組曲》より「盆踊」「演伶」「佞武多」
井上道義:メモリー・コンクリート
リスト:死の舞踏*
リスト:ハンガリー狂詩曲 第2番(管弦楽版)
*ピアノ独奏、アリス=紗良・オット

コンサートの模様は、また報告します。

 



アリス=紗良・オット ワンダーランド

 

『アリス=紗良・オット/ワンダーランド』

エドヴァルド・グリーグ(1843-1907)
・ピアノ協奏曲イ短調作品16
・抒情小曲集から(昔々、蝶々、アルバムの綴り、小人の行進、夜想曲、妖精の踊り、小川、トロールハウゲンの婚礼の日、バラード風に、春に寄す)
・ペール・ギュントから(作曲者自身によるピアノ編曲: ソルヴェイグの歌、山の魔王の宮殿にて)

【演奏】
アリス=紗良・オット(ピアノ)
バイエルン放送交響楽団 エサ=ペッカ・サロネン(指揮)

【録音】
2015年1月15-16日, ミュンヘン ヘラクレス・ザール(ピアノ協奏曲)
2016年4月20-21日、ベルリン、マイスター・ザール(ピアノソロ)

 

グリーグ:ピアノ協奏曲 Op. 16/抒情小品集(アリス=紗良・オット/バイエルン放送響/サロネン)

 

2012年『ピクチャーズ』以来4年振りのソロ・アルバム。 アリス名義としては6枚目(ベスト、DUO、コラボ以外)。協奏曲録音としては2010年以来6年振りとなり、今回は地元ミュンヘンのバイエルン放送響との共演になります。(前回の協奏曲はミュンヘン・フィルとの共演でした)。
カップリングにはグリーグの豊かな抒情性が遺憾なく発揮された《抒情小曲集》からの数曲と作曲者自身によるピアノ・ソロ版の《ペール・ギュント》から2曲を収録しています。
ユニバーサル・ミュージック

 

 



最後に

 

僕が、今日のチケットを購入してのが、今年の2月の終わりごろでした。
アリスの難病発表から数日が経っていました。

 

テレビのN響とのライブを観たことがありますが、実演は初めてです。

また、今日の時点で今後の日本でのコンサートを予定をチェックしましたが、当分はなさそうです。

 

ドイツ中心に活動をしている人ですから、病気の影響なのか、たまたまなのかわかりません。

ではコンサート行ってきます。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村