フェデリコ・モンポウは熊本マリの名盤で 人生の悲しさ、豊かさ

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

フェデリコ・モンポウは、スペインの作曲家。

 

父親はカタルーニャ人の鐘造りの職人で、母親はフランス人でした。
おばからピアノの手解きを受けました。

 

15歳のとき始めてピアノの公開演奏を行い、1909年にはガブリエル・フォーレが開いた演奏会に接したことから、作曲家になることを決心しました。

 

僕は、ピアニスト熊本マリさんのCDでモンポウの存在を知り、それから聴くようになりました。

 

モンポウの曲は、気だるさと哀愁の漂った曲が多く、

夏の昼下がりビールを飲みながら聴くといいですよ。

 

熊本マリさんのCDをご紹介します。

モンポウ:静かな音楽 熊本マリ

【曲目】
モンポウ: 「静かな音楽(ひそやかな音楽)」 I.II.III.IV(全曲)
<ボーナストラック>
アリアーガの小品「ロマンス」
【演奏】
熊本マリ(P)
【録音】
2005年9月1,2日 Hakuju Hall,東京
2006年8月16日 キング関口台スタジオ第1スタジオ,東京<ボーナス・トラック>





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング