エマ・カークビーのヘンデル・カンタータ集 神が導いた名盤

目安時間:約 10分
  • 人気ブログランキング

今から10数年前、仕事でベルギーのアントワープに行った時、
有名な大聖堂の売店で見つけたのがこのCDです。

 

ベルギーのアントワープにある大聖堂。

ルーベンスの壁画とフランダースの犬の舞台になった場所です。

 

※アントワープの大聖堂

 

そう、ネロ少年とパトラッシュが、ルーベンスの絵を見ながら
天国に行った場所ですね。

 




エマ・カークビーとの出会い ベルギーのアントワープの大聖堂にて

 

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

 

サルヴェ・レジーナ HWV 241
Salve Regina, HWV 241

 

作詞 : 不詳 - Anonymous
エマ・カークビー - Emma Kirkby (ソプラノ)
ロンドン・バロック - London Baroque
録音: 21, 24 September 1999, St. Martin's East Woodhay, Hampshire, England, United Kingdom

 

1.(05:24)Salve Regina (Largo - Adagio)
2.(03:37)Eja ergo advocata nostra (Allegro)
3.(01:27)O clemens, o pia (Adagissimo)
total(10:28)

 

***********************************

 

「おお、天から声のごとく」 HWV 239
O qualis de coelo sonus, HWV 239

 

作詞 : 旧約聖書 - Bible - Old Testament
エマ・カークビー - Emma Kirkby (ソプラノ)
ロンドン・バロック - London Baroque
録音: 21, 24 September 1999, St. Martin's East Woodhay, Hampshire, England, United Kingdom

 

4.(00:58)Sonata
5.(00:45)Recitativo: O qualis de caelo sonus
6.(03:27)Ad plausus ad jubila
7.(00:22)Recitativo: Eja ergo, mortalis
8.(04:17)Gaude, tellus benigna
9.(01:42)Alleluja
total(11:31)

 

***********************************

 

トリオ・ソナタ ト短調 HWV 393
Trio Sonata in G Minor, HWV 393

 

ロンドン・バロック - London Baroque
録音: 21, 24 September 1999, St. Martin's East Woodhay, Hampshire, England, United Kingdom

 

10.(03:16)I. Andante
11.(02:12)II. Allegro
12.(02:37)III. Largo
13.(02:11)IV. Allegro
total(10:16)

 

***********************************

 

「天に在す者が息を吐き給うと」 HWV 231
Coelestis dum spirat aura, HWV 231

 

作詞 : 不詳 - Anonymous
エマ・カークビー - Emma Kirkby (ソプラノ)
ロンドン・バロック - London Baroque
録音: 21, 24 September 1999, St. Martin's East Woodhay, Hampshire, England, United Kingdom

 

14.(01:35)Sonata
15.(00:31)Recitativo: Caelestis dum spirat aura
16.(04:19)Felix dies, praeclara, serena
17.(00:34)Recitativo: Vestro, religiosi principes
18.(03:05)Tam patrono singulari
19.(01:40)Alleluja
total(11:44)

 

***********************************

 

主の僕たちよ、主をほめたたえよ(ラウダーテ・プエリ)(詩篇第112篇) HWV 236
Laudate pueri (Psalm 112), HWV 236

 

作詞 : 旧約聖書 - Bible - Old Testament
エマ・カークビー - Emma Kirkby (ソプラノ)
ロンドン・バロック - London Baroque
録音: 21, 24 September 1999, St. Martin's East Woodhay, Hampshire, England, United Kingdom

 

20.(02:04)Laudate pueri Dominum
21.(02:11)Sit nomen Domini benedictum
22.(01:08)A solis ortu usque ad occasum
23.(02:38)Excelsus super omnes gentes Dominus
24.(03:19)Quis sicut Dominus
25.(01:40)Ut collocet eum cum principibus
26.(03:17)Qui habitare facit
27.(05:07)Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto
total(21:24)

 

Haendel: Sacred Cantatas / Emma Kirkby, London Baroque ロンドン・バロック

 

イギリス出身のソプラノ歌手、エマ・カークビーが好きです。

 

清流のように澄んだ声と微妙に舌っ足らずさを感じさせるチャーミングな声、

彼女の歌声には本当に癒されます。

 

 

エマ・カークビーの名盤 ダイヤモンドとチョコレートの街

 

僕は、ベルギーにアントワープには、何度も行きました。

 

アントワープには世界のダイヤモンドが集まります。
アントワープの一画にはダイヤモンド街があり、そこには
ダイヤモンド取引所があります。

 

そこには、世界のダイヤモンドが集まり、ダイヤモンドの売買が
行われているのです。

 

僕は、ダイヤモンド輸入の部署にいた時にアントワープを何度も訪れたのです。

 



エマ・カークビーの名盤 心が洗われる美声

 

僕が、アントワープを訪れると必ず、訪問する場所があります。

それが、この大聖堂です。

 

まず、前に立つだけで、畏敬の念を持ちます。
思わず手を合わせてしまいます。

 

そして、中に入るってウロウロしているだけで、
心が落ち着いてきます。

 

そして、ルーベンスの絵。

 

僕は、自分もこの絵を見ながら、あの世に行きたいと思います。

そう、エマ・カークビーの美声を聴きながら。

 

このCDちょっと気持ちが落ち込んだ時、時々取り出して聴きます。
僕が生きて行くうえで必要な名盤です。

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村