ガーディナーのメサイア 羽毛の軽快さと思いを込めたアーメン

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ヘンデルでもっとも有名な曲。
聴いて良し、歌って良し、ヘンデルの放った宇宙的名曲です。

 

そして僕の愛聴盤がこれなんですね。

 

フリードリッヒ・ヘンデル(1685-1759)
「メサイア:合唱曲集」
ジョン・エリオット・ガーディナー指揮
イギリス・バロック管弦楽団
モンテヴェルディ合唱団

 

2001年初めのまだ寒いころ、元住吉の国際交流センターで一枚の合唱団員募集のチラシを見つけました。内容は、クリスマスにヘンデルのメサイアを歌いましょう、というもの。

 

募集元は、高津市合唱団。

 

当時の僕は、メサイアをもっと知りたい、それには歌うのが一番と考えていましたが、具体的にどこの合唱団と決めていたわけではありませんでした。

 

しかも高津市民合唱団の練習先は、溝の口で、コンサートは、12月24日、しかも指揮は秋山和慶、オーケストラは東京交響楽団という超大物との共演。

 

合唱の指導も洗足学園の現役教授でした。
それから数か月におよぶ練習の末、洗足学園の前田ホールで当日を迎え、歌い終わった後の感動は今も忘れません。

 

このガーディナーのCDは、練習開始からずっと聴きこんだ演奏です。
合唱曲だけをまとめているのも良かったですね。

 

小編制のオーケストラとコーラスは、痺れるくらい上手くて、まるで羽毛のように軽やかながら、躍動感が溢れえ陰影に富んだ表現は最高です。

 

その真骨頂が、有名なハレルヤで、軽やかにして躍動感溢れる演奏は最高です。そして最後のアーメンは一転、テンポを落とし荘厳にして心に

沁み入るにくい演出をしています。

 

手放せない一枚です。





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング