クリスマス・イヴ 一人静かに過ごしたい方へ

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

こんにちは。
ともやんです。

 

1年で最も大切な祝祭日であるクリスマスのために古来から様々な合唱作品が書かれてきました。

荘厳な祈りから小さな子どもたちの素朴な歌まで、この神聖な日のために数えきれないほど多くの歌が歌われてきました。

 

イギリスのキャロルは、最初は13世紀頃にフランスから伝えられた小さな舞曲が発祥でした。

14世紀から15世紀に100曲あまりが作曲され主に女子修道院で歌われました。

 

そんな素朴な歌が、時代を経るに従って複雑な声部をまとい、壮麗な形へと発展していくのですが、その根底に流れるのは全て「喜び、感謝」の気持ちです。

 

街の喧噪を離れ、一人静かに良き日に思いを馳せるための極上の1枚です。

以上、CD帯文から

スポンサーリンク

 

 

ダヴィド・グリマル&レ・ディソナンスの筋肉質のアンサンブルが素敵!

『IN TERRA PAX 地に平和を~クリスマス・アンソロジー』

 

【曲目】

1. ホルスト(1874-1934):クリスマスの朝
2. ジュベール(1927-):かくも麗しいバラはない
3. マティアス(1934-1992):サー・クリスマス
4. ハウエルズ(1892-1983):ここに小さな扉がある
5. ハウエルズ:穢れなきバラ
6. フィンジ(1901-56):地に平和を
7-9. ウォーロック(1894-1930):3つのキャロル
〔ティルリー・ティルロー/バルラロウ/プラタナスの木の下で〕
10. レイトン(1929-1988):キリスト降誕祭の賛歌
11. ラター(1945-):なんて甘い音楽
12. ガードナー(1917):明日は踊りましょう
13. マティアス:ひとりのみどり子が生まれた
14-17. ヴォーン・ウィリアムス(1872-1958):四季の民謡から「冬」
〔子どもたちのクリスマスの歌/クリスマスの宴の歌/ベツレヘムにて/神の祝福〕

スポンサーリンク

 

【演奏】
ジュリア・ドイル(ソプラノ)…1,6,8,10
ロデウィック・ウィリアムス(バリトン)…5,6
マーク・ウィリアムス(オルガン、チェレスタ、ピアノ)
ロンドン市合唱団
ボーンマス交響楽団
ヒラリー・デイヴァン・ウェットン(指揮)

 

クリスマス・アンソロジー - イン・テラ・パックス(地に平和を)(ドイル/ウィリアムズ/シティ・オブ・ロンドン合唱団/ボーンマス響/ウェットン)

スポンサーリンク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村