クレンペラーのメサイア 北アルプスを仰ぐが如く

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

フリードリッヒ・ヘンデル(1685-1759)

オラトリオ「メサイア」
オットー・クレンペラー指揮
エリザベス・シュワルツコップ(ソプラノ)
グレース・ホフマン(アルト)
ニコライ・ゲッタ(テナー)
ジェローム・ハインズ(バス)
フィルハーモニア管弦楽団
フィルハーモニア合唱団

 

メサイアは、僕が一番好きな曲の一つです。

 

しかも2001年のクリスマス・イブには、川崎の洗足学園の前田ホールで、秋山和慶指揮東京交響楽団との共演で、高津市民合唱団の一員として歌いました。歌い終わった後の感動は、今も忘れません。

 

さて、この曲はいまは大編成のオーケストラ、合唱団ではなく、小編成の古楽器と少数の合唱団による透明なハーモニーの演奏が重視されていますが、ここであえてクレンペラーの重厚な演奏をおすすめします。

 

しかし、重厚でありながらまったく鈍重でなく、遅いテンポながら、軽快さも兼ね備え、そのチャーミングな表現はたまりません。

 

有名で僕一番好きな「FOR UNTO US A CHILD IS BORN」なんか、羽毛包まれるような感触は心地よさの極致です。

 

クレンペラーは重いという方にもぜひ聴いて頂きたい録音ですね。





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング