クレーメルとアルゲリッチの名盤 ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ集

目安時間 3分

20世紀を代表するクレーメルとアルゲリッチの既に70才と76才になって、時のたつのも早いものだと感慨も深いです。

 

中学生の時にまだ20代のアルゲリッチの伏目がちに写るレコードジャケットに一目ぼれしてチャイコフスキーのピアノ協奏曲のLPを購入してから40年以上ファンです。

 

アルゲリッチは日本にも何度も来ていますが、一度もそのステージに接していないのが残念です。まだチャンスがあるだろうか?

 




 

アルゲリッチとクレーメルの名盤 ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ集

 

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
バイオリンソナタ第4番イ短調作品23
バイオリンソナタ第5番ヘ長調作品24「春」
ギドン・クレーメル(バイオリン)
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
1987年録音

 

スポンサーリンク

【SHM-CD】 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4番・第5番≪春≫ マルタ・アルゲリッチ 、 ギドン・クレーメル

 

クレーメルのバイオリンは、鋭いカミソリのような演奏で、僕はどちらかと言うとふくよかな演奏の方が好きですが、その研ぎ澄まされたテクニックと鋭い感覚は、ピアソラの曲の演奏で発揮されていました。

 

僕はそちらの演奏には、背筋に電気は走るような感銘を受けました。

今度そちらのCDも詳しくコメントします。

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報