バルビローリ ブラームス全集はウィーンフィルと唯一の録音はLPで!

目安時間:約 9分
  • 人気ブログランキング

年末年始休暇も昨日で終わり、
昨日が仕事始めでした。

 

まあ、昨日行けば行けば今日と明日は休みですが、
長い休暇の後で出勤するのは多少気が重いものでした。

 

昨日は出勤前の景気付けにベートーヴェンを聴きましたが、
休みの今日は、少し落ち着いてしんみりとブラームスを聴きます。

 

さて、昨年末になんとジョン・バルビローリが、

唯一ウィーンフィルと録音したブラームスの交響曲全集が、

LP4枚組でしかも限定生産で発売されました。

 

今日は、そのバルビローリのブラームスを取り上げます。

 




ジョン・バルビローリの名盤 愛の名匠によるブラームスを聴け!

 

ジョン・バルビローリは、1899年12月2日ロンドンに生まれ、
1970年7月29日にロンドンで急逝しました。

 

エキスポ'70に参加するためニュー・フィルハーモニア管弦楽団に

リハーサルをつけた日の翌日の早朝、冠状動脈血栓症のため不帰の人となりました。

 

享年70歳。

 

来日直前の訃報により、我が国の音楽ファンは、

バルビローリの生の演奏に接する機会を永遠に失ったのでした。

 

バルビローリはイギリスの指揮者として知られていますし、

後年ナイトの称号も得て、

 

“サー・ジョン”と呼ばれ、

最高の敬愛と人気を集めた人ですが、

実は、イギリス人の血は流れていません。

 

イタリア人の祖父からロンドンに住むようになり、

父もイタリア人で母はフランス人でしたので、

イギリス人の血は一滴も流れていません。
そして母国語は英語とイタリア語でした。

 

ジョン少年は幼いころから、指揮者になるのが夢で、

父を早く失った関係で、15歳で既に音楽で

生計を立てるようになりました。

 

楽器はチェロでした。

 

バルビローリは、当時を振り返り、

映画館、レストラン、ミュージック・ホールなど

街頭以外はどこでも演奏したそうで、

それを全く後悔していないを語っています。

 

指揮者としては'27年に初録音して、

その後、バックハウス、ルービンシュタイン、シュナーベル、

ハイフェッツ、クライスラーといった大物と共演して、

まず伴奏指揮者として有名になりました。

 

バルビローリが国際的なひのき舞台になったのは、

'37年にトスカニーニの後任として

ニューヨークフィルハーモニックの音楽監督になってからです。

 

※ニューヨーク

 

ただし、ニューヨークの批評陣からは、

厳しい口撃を受け、苦闘の時代でしたが、

芸術的に円熟した時代でもありました。

 

ニューヨークフィルは42年まで務め、

43年からはイギリスにもどり、

マンチェスターのハレ管弦楽団の首席指揮者として招かれ、

約四半世紀の'68年まで務めました。

※マンチェスター オーザル・ホール

 

ハレ管弦楽団とは、多くの名盤を録音しました。

 

ただ僕は、バルビローリがハレ管弦楽団以外を振った、

ベルリンフィルとのマーラー9番と、ウィーンフィルとのブラームス交響曲全集が好きです。

 

マーラーの第9番は、あらゆるこの名盤の中で最も好きですし、

ブラームスも遅いテンポで大河の流れを思わせながら、

しみじみとした味わい深い演奏が好きです。



ジョン・バルビローリの名盤 ウィーンフィルとのブラームス全集

 

【曲目】
ヨハネス・ブラームス:

 

《SideA》
交響曲第1番ハ短調Op.68:第1楽章、第2楽章、
《SideB》
交響曲第1番ハ短調Op.68:第3楽章、第4楽章、
《SideC》
交響曲第2番ニ長調Op.73:第1楽章、第2楽章、
《SideD》
交響曲第2番ニ長調Op.73:第3楽章、第4楽章、悲劇的序曲 Op.81、
《SideE》
交響曲第3番ヘ長調Op.90:第1楽章、第2楽章、第3楽章、
《SideF》
交響曲第3番ヘ長調Op.90:第4楽章、ハイドンの主題による変奏曲Op.56a、
《SideG》
交響曲第4番ホ短調Op.98:第1楽章、第2楽章、
《SideH》
交響曲第4番ホ短調Op.98:第3楽章、第4楽章、大学祝典序曲Op.80、

 

【演奏】
ジョン・バルビローリ(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

【録音】
1966年12月7-9日、1967年12月4-8, 14, 15, 18日、ウィーン、ムジークフェラインザール、

【使用音源】2012年オリジナル・マスターテープよりアビイ・ロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター音源

 

【LPレコード】 ブラームス: 交響曲全集<数量限定生産アナログLP盤> ジョン・バルビローリ 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

イギリスの名指揮者バルビローリのブラームスの名盤が、180gアナログLP盤で復刻です。バルビローリのディスコグラフィの中でも別格の輝きを放っているのが、1966年から翌67年にかけて収録され、ウィーン・フィルとの唯一の録音となったこのブラームスの交響曲全集です。ほとんどみなワン・テイクで録られたともいわれており、音楽の流れを阻害せず小細工なしの情感に身を任せた、耽美的なまでに情感あふれる演奏は、いまだに多くの音楽ファンの心をつかむ名盤です。この名盤が、180gアナログLP盤として、数量限定生産盤として復刻致します。
ワーナーミュージック・ジャパン 発売・販売元 提供資料 (2018/12/19)

 

 



最後に

 

朝比奈隆が、ブラームスの音楽は、

男が年を取って初めてわかる音楽だと言ったそうです。

つまり、ブラームスの音楽は感傷的なんですね。

 

孤独がわかる年になるとブラームスの音楽は

しみじみとわかるのかもしれません。

 

バルビローリのブラームスは、非常のテンポの遅い独特なものですが、
晩年の心境がしみじみと感じされる名盤です。

 

バルビローリは、ハレ管弦楽団より終身桂冠指揮者の称号を贈られました。
最後の録音が亡くなる13日前だったそうで、

残された時間をフルに生きた指揮者でした。

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング