フルトヴェングラーのブルックナー 戦時下の壮絶ライヴ

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

クラシックの名盤のベルリンフィル・シリーズ

 

今回は、1944年のフルトヴェングラーをご紹介します。

 

アントン・ブルックナー(1824-1896)
交響曲第9番ニ短調
ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
1944.10.17ライブ録音

 




1944年追い詰められるドイツ

 

'44年6月6日に連合国軍がフランスのノルマンディーに上陸。
7月20日にはヒットラー暗殺未遂事件が勃発。

 

ヒットラーは奇跡的に無事だったが、それに関与したと思われる
関係者が次々と逮捕され、拷問に掛けられ、処刑された。

 

ヒットラーは、暗殺を恐れ、より閉じこもるようになり、実質的な総統代理となったゲッペルスは、「国民総力戦」を宣言すると

 

歌劇場、劇場、サーカス、キャバレーなどを閉鎖し、そこで働く人々も戦場へ送られるようになった。



悲惨な状況だから音楽!フルトヴェングラー!

 

そんな時でも、いやそんな時だからか人々は音楽を必要とし、
フルトヴェングラーは演奏を続けた。

 

このブルックナーはそんな状況下の演奏で、まるでベートーヴェンかと思うほど、感興の赴くまま、テンポを動かし、ロマン的な演奏を展開しています。

 

最もブルックナー的ではない、フルトヴェングラーの体臭が色濃く出た演奏です。

 

追い詰められた明日の命の保証もない戦況下での演奏だから、自己をぶちまけた演奏だったのかかもしれません。

 

その心境は当事者でなければわからないでしょう。



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング