カルミニョーラのヴィヴァルディ四季

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

ジュリアーノ・カルミニョーラ(バイオリン)
ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカ

 

多分、日本で一番有名なクラシック音楽は、
イタリアの18世紀バロック時代の作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741)のバイオリン協奏曲「四季」ではないでしょうか?

 

曲名と結びつかなくてもメロディを聴けば、どこかで聴いたことがあると思うはずです。

 

さて、そんなことからCDもたくさん出ていますがいますが、
僕がいま一番心を惹かれるのが、カルミニョーラの演奏です。

 

颯爽としたテンポで即興性を盛り込んで前衛的な演奏で、
通俗的な名曲も聴いていて飽きません。

 

僕は楽譜のことはよくわかりませんが、バロック時代は、演奏者の即興パートがあったようですね。だからわかりやすい曲でもあるので、各演奏者の個性を楽しむことが出来ます。

 

出来れば、何枚かのCDで聴き較べしてみてください。





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング