僕の愛聴盤です。   クリフォード・マイケル・カーゾンは、1907年に生まれ、1982年に75才で亡くなった、イギリスの名ピアニスト。   モーツァルトとシューベルトの演奏に定評があったピアニストです。   一方指揮のベンジャミン・ブリテンは、20世紀を代表するイギリスの作曲家で、指揮者としても評価の高い人でした。   僕は、モーツァルトのピアノ協奏曲が好き…

  • 人気ブログランキング

僕は、ブラームスが好きで、交響曲も1番より、2番、2番より3番、そして3番より4番と、4番が一番好きなのです。   第1楽章の晩秋を思わせるような旋律が流れると、深まった秋の冷たい風と、それにヒラヒラト舞う、枯れ葉を連想してしまいます。   だから、この曲は情感たっぷりに演奏してほしいのですが、それがあまりないのですね。   そんな欲求不満を解消してくれたのが、コバケ…

  • 人気ブログランキング

あまり聞かない名前の指揮者、オーケストラで素晴らしい演奏に出会うと非常な喜びを感じます。   それが、クラシック音楽の楽しみのひとつでもあります。   地道にコンサートに通うことがもっとも良い楽しみと思いますが、仕事に縛られている身としてはなかなか難しい立場ですね。   その点、中古レコード店や信頼できるネットのCDショップなどで、勘を働かせて掘り出すCDの中におっと…

  • 人気ブログランキング

シモーネ・ヤングは、1961年オーストラリア・シドニー生まれで今年で58歳。 もっと若いイメージがありましたが、自分も年を取っているのだからしょうがないですね。   さて、女性の指揮者として名前は以前から知っていましたが、CDでその演奏を初めて聴きました。   女性だからということもあり、どっちかというとモーツァルト、シューベルト、メンデルスゾーン、シューマンと いったところが…

  • 人気ブログランキング

ヤナーチェクの名曲 不思議の国に迷い込んだ音楽

目安時間:約 10分

クラシック音楽は、現代人の魂の隠れ家です。 管理社会で病みつかれた現代人が 逃げ込める数少ない世界です。   ヤナーチェクの音楽は、 そう意味ではもっとも相応しい音楽かもしれません。   なんか、聴いていうると不思議の国に 迷い込んだかのような錯覚に陥ります。   ついさっきまで感じていた勤め先への 不満などがどうでもよくなります。   ぜひヤナーチェクの音…

  • 人気ブログランキング

ヴァイオリニスト佐藤俊介。 1984年(昭和59年)東京生まれ、ということは今年34歳。 新進気鋭のと書こうと思い、経歴を見ると、 とんでもない人です!   ※CDのブックレットより   2013年からオランダ・バッハ協会のコンサートマスターを勤め、 2018年6月には、30年以上にわたりそのポストを勤めた ヨス・ファン・フェルトホーフェンの後任として芸術監督に就任しているので…

  • 人気ブログランキング

ボロディン弦楽四重奏団 結成60周年記念盤より

目安時間:約 9分

長く、クラシック音楽のファンを自称していながら、 まだまだ知らない曲はたくさんあります。   多分これからの生涯を掛けてどれだけ聴くことが出来るかですが、 逆に生涯を掛ける趣味としてはもってこいで、   どれだけの名曲を聴いていくことができるかと思うだけでも 少しでも長く生きたいという意欲につながると思います。   ボロディンの弦楽四重奏曲第2番は、有名な曲だそうで、…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 20




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村