こんにちは、 ともやんです。   今年2020年は、ジョン・バルビローリ(1899-1970)の没後50年に当たります。 そういうこともありレコード会社からも特別記念盤が出ています。   そしてバルビローリの名演も収録しているグスタフ・マーラー(1860-1911)の『生誕150年記念ボックスーマーラー・コンプリート・エディション』が、かなりお得な価格でタワーレコードで出ていま…

こんにちは、 ともやんです。   ジョン・バルビローリ(1899-1970)が得意とする、英国音楽からエルガーの交響曲第1番と第2番がSACDハイブリッドで7月24日発売予定で、ただいま予約受付中です。   発売予定が、今月の24日ということで、まさかオリンピックの開会式に合わせた訳ではないでしょうが、もし東京オリンピックが開催されていれば、7月24日が開会式でした。 &nbs…

こんにちは、 ともやんです。   ジョン・バルビローリ(1899-1970)。   国籍はイギリスですが、イタリア人とフランス人の血も引くラテン気質も持ちあせています。 王立音楽院で、チェロを学び、1916年にクイーンズ・ホール管に入団するが、24年頃からは指揮者に転向、1933年にはスコティッシュ管の首席指揮者に就任し、37年から43年にはトスカニーニの後任として、ニューヨー…

こんにちは、 ともやんです。   フランツ・コンヴィチュニー(1901-1962)。 第二次世界大戦で荒廃した東ドイツにおいて、名門ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の再建など、東ドイツの音楽界復活に人生を掛けた硬骨漢です。   僕の大好きな指揮者です。   ただ、僕がクラシック音楽を聴きだした1970年にはすでに他界されていました。まだまだそんな年齢ではなかった…

こんにちは、 ともやんです。   フランツ・コンヴィチュニー(1901-1962)。   ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のヴァイオリン兼ヴィオラ奏者として出発。1930年にシュトゥットガルト歌劇場の音楽監督。その後、フライブルク、フランクフルト、ハノーファーの歌劇場の音楽監督を歴任。   戦後、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の常任指揮者(1949-62)。 …

こんにちは、 ともやんです。   映画『四月は君の嘘』を観ました。   いい映画です。   特に僕が印象に残っている場面の一つに次の場面があります。   主人公の公生は、幼少の頃から厳しい母の下でピアノの特訓を受けてきました。 その母の指導は、楽譜に徹底的に正確に完璧をめざすものでした。 スポンサーリンク   ただ、母は一人の時には、よくクライスラ…

こんにちは、 ともやんです。   ヤン・ヴィレム・デ・フリエンドは、1962年7月生まれのオランダ出身のヴァイオリニストであり指揮者。   日本では、デ・フリエンドと表されることが多いですが、実際の発音は、デ・フリーントもしくはデ・フリントの方が近いようです。   1982年に古楽レパートリーを得意とする合奏団コンバッティメント・コンソート・アムステルダムを設立し、自…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報