こんにちは。   ともやんです。   ヘンデルのメサイアは、聴いて良し、歌って良しの名曲です。 僕が所属する湘南シティ合唱団の来年の演奏会は、ヘンデルのメサイアに決まりました。   演奏会は、多分来年2020年11月か12月だろうと思いますが、それまでの約14、5ヵ月メサイアの名演の名盤をご案内して行こうと思います。   8月5日にコリン・デイヴィスの演奏を…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   ガーシュインが亡くなってもう80年以上が経ちます。 享年38歳。   過労死といってもいいほど、売れっ子のガーシュインが映画に、ショーに、ラジオに山積みの仕事を抱えていました。 そのため1937年7月11日、仕事先のハリウッドで倒れ帰らぬ人となりました。   さて、古楽器演奏の急先鋒、インマゼールによるガーシュインの名曲…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   さて、本日はトスカニーニとイギリスの名門オーケストラBBC交響楽団の演奏をご案内します。 ↓ https://amzn.to/2NohIO3   80年以上前の録音ですが、原盤の保存状態が良かったのか、ナクソスのリマスターが良かったのか、非常に潤いのある響きを聴くことが出来ます。むしろ個人的には、後年のNBC響とのデッドな音質より…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ジネット・ヌヴー(1919-1949)。 フランス出身の不世出のヴァイオリニスト。   ジネット・ヌヴーの生誕100周年、没後30周年を記念して再びご案内です。 本日は、第二次大戦後の超人的な活躍のスタートとも言うべき録音です。 1945年11月のシベリウス、’46年最初のブラームスのヴァイオリン協奏曲をご案内します。 ↓ https://am…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   クレンペラー&ウィーンフィルのライヴ演奏のステレオ録音が、TESTAMENTから出ています。 これは1968年のウィーン芸術週間全5週間に渡る録音で、全て傾聴すべき名演ばかりです。 今日は、その中から1968年5月19日に行われたプログラムを順に聴きましたのでレビューしたいと思います。   その日のプログラムは以下です。 J・S・…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   カール・シューリヒトが死に前年の1966年に録音した、 J・S・バッハのブランデンブルグ協奏曲は、まさに奇跡の名演です。   オーケストラはチューリッヒ・バロック・アンサンブル。   1880年生まれのドイツの名指揮者カール・シューリヒトは、まさに大器晩成の人で、ドイツ国内でキャリアを積んで名門ウィーンフィルと本格的に共…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)は、チャイコフスキーと得意として1939年にフルトヴェングラーに対抗するようにベルリンフィルとの最初の録音がチャイコフスキー”悲愴”でした。 その後、フィルハーモニア、ベルリンフィルと録音を重ね、この第5番は、5回目の録音となりました。   1984年。 クラシック音楽界の帝王と呼ばれた男も76…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 88




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村