こんにちは、 ともやんです。   日本オーケストラ連盟に加盟している日本の主要オーケストラは、25団体あります。多くが、首都圏、近畿主要三府県の大阪、兵庫、京都、それに名古屋、札幌、仙台、広島、福岡といった人口100万人以上の都市を拠点としています。   その中で、地方都市で頑張っているオーケストラが、アンサンブル金沢、山形交響楽団、そして高崎を拠点とする群馬交響楽団です。 &…

こんにちは ともやんです。   前回に続いて、フルトヴェングラーの演奏を思われていたのに、 実は違っていたいう録音について記します。   しかも、その演奏が凄い演奏なので、 ではフルトヴェングラーでなければ、誰なんだという録音です。 スポンサーリンク

こんにちは、 ともやんです。   いきなりですが、新型コロナウィルス禍の影響でプロのオーケストラはコンサートどころか集まって練習もできない状況です。 そんな状況ゆえ、楽団の存続も日々厳しくなっています。   もしよろしければ募金をお願いします。   詳しくは、新日本フィルの公式サイトでご確認ください。   https://www.njp.or.jp/ <<<…

NHK交響楽団 世界一周演奏旅行 1960年

目安時間 10分

こんにちは、 ともやんです。   1960年、昭和35年。 この年に生まれた人は、今年60歳で還暦を迎えます。 このCDで録音されている、岩城宏之指揮でチャイコフスキーの第5交響曲が演奏された日は、僕の3才の誕生日でした。   さて、1960年には何があったでしょうか? 少し調べてみたいと思います。     8月25日から9月11日掛けて、イタリアのローマで…

こんにちは、 ともやんです。   コバケンこと小林研一郎は、1940年(昭和15年)生まれなので今年で80歳になられます。   コバケンさんは、炎のコバケンと言われるほど熱演タイプ指揮者で、現在まで僕が一番実演を聴いた指揮者です。 初めて聴いたのが80年代ですからもう30年以上前のことです。 確かマーラーの復活だったと思いますが、長髪を振り乱しての指揮姿は、小澤征爾のようだなと…

こんにちは、 ともやんです。   2019年8月から、名門ベルリンフィルの首席指揮者兼音楽監督に就任したキリル・ペトレンコ&ベルリンフィルとの最初の録音をご案内します。 ↓ 【SACDハイブリッド】 チャイコフスキー: 交響曲第6番 《悲愴》 キリル・ペトレンコ 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   ベルリンフィルのサイモン・ラトルが昨シーズン限りで退任。 後任はペトレン…

こんにちは。 ともやんです。   今日は、6月に聴いた日本フィルの定期公演に出演したヴァイオリニストの諏訪内晶子です。 諏訪内晶子と言えば、1990年18歳の時に史上最年少でチャイコフスキー国際コンクールに優勝するという快挙で一躍と時の人となったヴァイオリニストです。   僕はその時の衝撃が強烈だったのと、映像で観るまだ幼さの残る凛々しい容姿が脳裏に焼き付いていました。 しかし…

1 2 3 8
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報