こんにちは、 ともやんです。   ジョージ・セルがクリーヴランド管弦楽団と1958年から1960年にかけてソニー・クラシカルに残したドヴォルザークの後期三大交響曲です。   僕は、ドヴォルザークの交響曲では、第8番が大好きで、学生の頃から親しんできました。   もちろん第9番の新世界よりも名曲なので何度も聴きましたが、第7番だけはなかなかしっくり来なかったのです。 &…

こんにちは ともやんです。   カール・ベーム&ウィーンフィルによる、ドヴォルザークの”新世界より”を聴きました。   ベームの指揮によるドヴォルザークの”新世界より”は、正規録音では唯一物だそうです。   なにか、ベームの録音を聴くと、学生時代の友人に久し振りに会ったような懐かしさに駆られます。 カール・ベーム&ウィーンフィル 味わいの”新世界より” このブログでも…

こんにちは ともやんです。   2016年10月に弱冠29歳で東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任したアンドレア・バッティストーニとの新しい企画のスタートです。   その新プロジェクトが、【BEYOND THE STANDARD】シリーズで、クラシックのスタンダードとこの50年間で 生まれた日本の名曲を組み合わせることで、日本のクラシック界の新しい創造の基盤になること…

こんにちは。 ともやんです。   もう50年以上前の録音ながら、この曲最高の名盤と聞いていたが、今まで聴く機会がなかった。 今回、ようやく聴くことが出来た。 スポンサーリンク   やはり噂に違わぬ名演です。   ロストロポーヴィチの卓越したテクニックと逞しい響き、そしてカラヤン&ベルリンフィルの伴奏も見事で、やはりこれは永遠の名盤と言えるものです。   スポ…

ドヴォルザーク交響曲第8番 おすすめ 5選

目安時間 10分

こんにちは。 ともやんです。   ドヴォルザークの交響曲というと、誰でもが知っている第9番”新世界より”です。 でも、第8番も根強い人気を持っています。   なにを隠そう、僕は断然第8番が好きです。 何と言っても親しみやすいメロディーの宝庫です。 スポンサーリンク   特に第3楽章の哀愁を帯びたメロディーが素晴らしく、しかも同じ哀愁のメロディーを得意といたブラームスに…

こんにちは。   ともやんです。   バーンスタイン指揮ニューヨークフィルのドヴォルザークの”新世界より”をご案内します。 ↓ https://amzn.to/2MPNbta   僕にとって懐かしい思い出の録音です。 中学生の時に買ったLPはいまも大切に持っています。 しかも発売から50年以上経っているにも関わらず現役のCDとして出ているとは嬉しい限りです。 &nbs…

チェコの名指揮者ラファエル・クーベリックとベルリンフィルが1966年から73年に掛けて行ったベルリンフィル史上初のドヴォルザーク交響曲全集 ▽ ▽ ▽ ドヴォルザーク: 交響曲全集 ラファエル・クーベリック 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   フルトヴェングラー亡き後、カラヤンが、首席指揮者になって12年目。 ベルリンフィルは、クーベリックの指揮の下、世界最高の響きを奏でています…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報