セルジュ・チェリビダッケこそ、 フルトヴェングラーの後任の 第4代目ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の 常任指揮者だと個人的には思います。   3代目フルトヴェングラーが、 非ナチ化裁判で指揮できなかった1945年から47年までと、 フルトヴェングラーが終身契約を結ぶ52年までは、 チェリビダッケが常任指揮者と言ってよいと思います。   この期間、チェリビダッケは400回以上、…

  • 人気ブログランキング

極上の名盤です。   クラシック音楽の持つ、 最高のイメージそのままの演奏です。   気品があり、美しく、優しく、楽しく、 幸福感に溢れる演奏です。   アンドレ・プレヴィンとウィーンフィルだから 成し得た名演の名盤だと思います。   ハイドンは、現在ピリオド楽器の演奏が主流で、 もちろんそのフレッシュな演奏にも惹かれますが、   モダン楽器による…

  • 人気ブログランキング

トーマス・ファイは1960年生まれのドイツの指揮者です。 もっと若い印象がありましたが、僕と同世代です。 つまり遅れてきた青年の世代なんですね。   第二次世界大戦後のベビーブームの時代に生まれた、 日本では団塊の世代ですが、その年代がパワーで切り開いた、 60年代、70年代の文化的推進のあとに付いていった世代です。   僕は、『遅れてきた青年』世代と勝手の呼んできます。 &n…

  • 人気ブログランキング

いつの頃からか、   20世紀の大指揮者オットー・クレンペラーに惹かれて、   少しずつLPやCDを集めるようになりました。   人は自分にないものを   他人に求めると言いますが、   クレンペラーの厳しさが、   甘い僕には憧れなのかもしれません。 『オットー・クレンペラー・コレクション』は聴きごたえ十分   VENIASか…

  • 人気ブログランキング

ハンス・クナッパーツブッシュ(1888-1965)の 生誕130年を記念して、   VENIASから、 Hans Knappertsbusch Collector’s Edition(ハンス・クナッパーツブッシュ・ザ・コレクション)として 4つのボックスに分かれて発売されました。   僕は、vol.3の管弦楽集を購入、日々楽しんでいます。 このボックスだけでも70枚セットですか…

  • 人気ブログランキング

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンは、 1732年生まれ、1809年に77歳で生涯を終えています。 モーツァルトの35年、 ベートーヴェンの57年と比べても長く、   モーツァルトの2倍以上、 ベートーヴェンよりも20年以上長命でした。   当時のオーストリア人の平均寿命はわかりませんが、 かなりの長寿だったと思われます。   しかも晩年は、老大家として幸福な生活を送ったと…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーのハイドンの交響曲の録音は、 第88番”V字”と第94番”驚愕”の2曲だけです。   共にセッションの録音で残されているので、 特にレパートリーから外したり、苦手だったということもなったと思われます。   多分、フルトヴェングラーで多く残されているライブ録音がないのは、 商品価値的な観点からではないかと想像されます。   セールス的には、当然フルトヴ…

  • 人気ブログランキング

ハイドンのピアノソナタ全集、というより鍵盤楽器用の曲全てを、   ハイドンの作曲時期などに合わせて選ばれた鍵盤楽器、 7種類のチェンバロ、クラヴィコード、スクエアピアノ、 フォルテピアノ、ピアノという楽器を使って現代に蘇らせた、素晴らしい企画の偉業です。     ハイドンの曲ですから、肩ひじ張らずに聴かれますし、 なんと言っても7種類の鍵盤書きの音色を楽しむことがまた…

  • 人気ブログランキング

先日、友人が横浜交響楽団の合唱団の一員で参加するので、 聴きに来てと言って、チケットをくれたので行ってきました。   演奏曲は、ヨーゼフ・ハイドン作曲オラトリオ「天地創造」。   ハイドンは、好きな作曲家で、交響曲全集や弦楽四重奏曲全集も持っていて 日々楽しんでいますが、恥ずかしながら有名なオラトリオ「天地創造」は未聴でした。   多少行く前には、聴いてみたのですが、…

  • 人気ブログランキング

2017年にロンドン交響楽団の音楽監督に 就任したサイモン・ラトルが来日しています。   クラシカ・ジャパンでは来日に合わせて特番が放送されており、 その中のひとつが「想像上のオーケストラの旅」です 。   1,000曲近くあるハイドンの作品の中から、 演出効果のあるものを含む、選りすぐりの楽曲で組まれた、 ちょっと変わった名曲プログラム(このプログラムはベルリン・フィルでも演…

  • 人気ブログランキング

ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)は、 ドイツの名指揮者で、僕の大好きな指揮者でもあります。   ただ、残念ながら同時代の大指揮者に比べ 評価や人気面では低いような気がします。   もっと評価されて良い指揮者だと思います。   僕が愛読している、1995年出版の 『指揮者とオーケストラ』“200CD指揮者とオーケストラ編纂委員会編”には、 &…

  • 人気ブログランキング

ハンス・クナッパーツブッシュは、ドイツの名指揮者です。   1888年生まれで、1965年にミュンヘンで77歳で生涯を閉じました。   ミュンヘンやウィーンで活躍し、 第二次世界大戦後に再開されたバイロイト音楽祭を支えた指揮者でした。   リヒャルト・ワーグナーやアントン・ブルックナーの演奏で有名です。   同時代に活躍したフルトヴェングラー、クレンペラーと…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村