ブラームスの4番というと 彼の最後の交響曲ということと、 第1楽章のセンチメンタルな主題から、 ブラームスの4つの交響曲の中でも特に内省的なイメージがあります。   そのためか哀愁を帯びた演奏も多いような気がしますが、 完成したのが、1885年とブラームスはまだ50代前半の時期。   第1番を発表してから、10年も経っていない時です。   だから枯淡の境地的な演奏より…

  • 人気ブログランキング

今日は、マクシム・エメリャニチェフという ロシア出身の今年30歳になった指揮者の演奏をお届けします。   トスカニーニもフルトヴェングラーもカラヤンもみんな30歳の頃はありました。   でも残念ながら往年の指揮者の30歳の録音はなかなか聴けませんし、 録音自体が残っていません。※カラヤンは残っているようです。   結局、僕らは往年の指揮者の演奏は、 それなりにお年を召…

  • 人気ブログランキング

ブラームスの交響曲第1番というと 何年か前のクラシック音楽雑誌の企画で、 好きな交響曲というアンケート調査で、 堂々第1位を取った曲です。   実際、コンサートでも盛り上がるし、 終わった後のブラボーという掛け声も似合う曲です。   また、CDの数でも相当数出ていると思われ、 交響曲1曲に対するCDの数も、 ベートーヴェンの”英雄””運命””田園””合唱”などと 対抗できる唯一…

  • 人気ブログランキング

ハンス・クナッパーツブッシュ(1888-1965)。 ドイツの名指揮者で、そのやりたい放題的な演奏で日本でも根強いファンがいます。   もちろん僕もその一人です。   今回は、晩年近くのシュトゥットガルト放送響との 得意のブラームスの3番とハイドンの主題による変奏曲をご紹介します。   クナッパーツブッシュは、ブラームスの交響曲の中でも、 特にこの第3番を得意としてい…

  • 人気ブログランキング

昨年2017年は、ドイツの生んだ名指揮者 カール・シューリヒトの没後50周年でした。   僕はうかつにも失念していて、 このCDと出会って、もうそんなに経つのかと知った次第です。   ご紹介するCDは、 定評あるAuditeレーベルの1stマスター・リリースの ルツェルン・フェスティヴァル・シリーズからの第11弾で、   カール・シューリヒトの演奏から、 カサドシュを…

  • 人気ブログランキング

先日、ブルックナーの交響曲第1番を取り上げて、 今年生誕110年を迎えた二人に偉大な指揮者、 ヘルベルト・フォン・カラヤンと朝比奈隆の演奏の聴き比べを書きました。   意外と好評でしたので、この企画を続けたいと思います。   僕もそうですが、クラシック音楽ファンの人たち、 特に男性諸氏は、聴き比べが好きです。   僕が現在所属する合唱団のメンバーともよく、 例えばベー…

  • 人気ブログランキング

朝比奈隆が、新日本フィルと録音した ブラームスの交響曲ツィクルスの実況録音を取り上げます。   ツィクルスは、2000年9月から2001年3月まで サントリーホールで行われました。   既に朝比奈隆は、90歳を超えています。(2001年12月29日他界。享年93歳) 聴いていて涙が出てきます。   新日本フィルの熱演も称賛ものですが、 弦楽器の内声部となる伴奏パートも…

  • 人気ブログランキング

クルト・サンデルリンクは、 2011年に98歳の高齢で亡くなった 20世紀を代表するドイツの指揮者です。   活動期間が長いわりに録音が少ないように感じますが、 活躍した場所はソビエト連邦、 東ドイツということも影響があったのでしょうか?   それとも本人の意向だったのでしょうか?   個人的には、フィルハーモニア管とのベートーヴェン交響曲全集がありますが、 シュター…

  • 人気ブログランキング

アンドリス・ネルソンス?   先日、フランスの美人ピアニストのエレーヌ・グリモーの ブラームスの2つピアノ協奏曲を聴いていて、   なんだこの充実したオーケストラは?   バイエルン放送響とウィーンフィルだから充実していて当然だが、 指揮者は誰だ?   ジャケットを見るとアンドリス・ネルソンス指揮と表示されていました。   そこでネルソンスって誰?…

  • 人気ブログランキング

エレーヌ・グリモー(1969年11月7日フランス生まれ)。 恥ずかしながら、実は少し前までその存在も知らなかったピアニストです。   しかも現在49歳ですから、新進ピアニストでもなく、 まさに脂の乗り切った実力派です。   しかも美貌の持ち主で、美人に弱い僕は、 さっそくネルソンス指揮バイエルン放送響と入れたブラームスを聴いて、 その実力に舌を巻きました。   強靭な…

  • 人気ブログランキング

10月も半ば、街路樹の木の葉も色づき始めてきました。 僕は、秋になるとブラームスが聴きたくなります。     秋に聴くブラームスは、特にピアノ曲、室内楽曲がいいですが、 管弦楽だと、断然、交響曲第4番を最高です。   第1楽章のイントロを聴くと、枯れ葉がハラハラ落ちるような 風景を思い浮かべてしまいます。   ブラームス交響曲第4番は、ヴァント&北ドイツ放送…

  • 人気ブログランキング

カール・ベーム(1894~1981) 私がクラシック音楽を聴き始めた中学生の頃、 つまり1970年代の超アイドル指揮者でした。     当時は、カラヤンとベームが人気を2分していて ともにドイツグラモフォンレーベルに毎月にように 新譜が出ていたと思います。   カール・ベームの名盤 カラヤンとの比較   豪華で華麗、スマートなカラヤンに比べ 堅実で無骨、実直…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング