こんにちは、 ともやんです。 ブラームスはピアノの名手でした。 ブラームス:交響曲第1番, 第4番(4手ピアノ版)(デュオ・クロムランク) ↑ それもあって多くの管弦楽曲を自ら連弾や2台のピアノ用に編曲しています。 その中から次をご案内します。 スポンサーリンク

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   先日、ミュンシュ&パリ管弦楽団のブラームス交響曲第1番が凄いとご案内しました。   その演奏に対抗できる演奏というと僕が真っ先に思い浮かぶ演奏はカール・ベーム指揮ベルリンフィルによる’59年の録音です。 壮年期のベームが、早めのテンポで覇気溢れる演奏を展開し、ベルリンフィルが怒涛のアンサンブルで応える演奏が聴きものです。   ※ブラー…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ミュンシュ&パリ管弦楽団のブラームス交響曲第1番は凄いです。 ↓ ブラームス:交響曲 第1番 [UHQCD x MQA-CD]<完全生産限定盤> シャルル・ミュンシュ 、 パリ管弦楽団   クラシック音楽の専門誌『音楽の友』の人気企画「クラシック音楽ベストテン」から、読者による交響曲の人気投票をチェックしてみると、1981年からずっとベストテン…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   今年コンサートで聴いた演奏家で目当ての人も凄かったが、そこにはもっと凄い人がいた、という例を報告します。   今年6月7日に行ったサントリーホール。 日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会。 第711回東京定期演奏会で、 日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念公演という冠が付いた演奏会。   僕は、ヴァイオリニスト諏訪内晶子目…

  • 人気ブログランキング

追悼 マリス・ヤンソンス ブラームス交響曲全集

目安時間:約 7分

こんにちは。 ともやんです。   先日、訃報が届きました。 指揮者のマリス・ヤンソンス氏が11月30日に逝去しました。 享年76歳。   もっと若いイメージがありましたが、それでも指揮者としては特に高齢という感じではないので残念です。 ただ、53歳の時心臓発作を起こし、手術で一命を取り止めていたそうで、そんなに頑健な身体でもなかったのかもしれません。 しかも近年、世界的指揮者と…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   21世紀最初のクリスマウイブ。 2001年12月24日夜、僕は川崎市高津区にある洗足学園の前田ホールのステージの上で、涙を流していました。   その日、僕が所属する高津市民合唱団の主催によるコンサートが行われたのです。 曲目は、ヘンデルのオラトリオ「メサイア」。 指揮は秋山和慶、オーケストラは東京交響楽団。 スポンサーリンク   1年…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   自分でも意外ですが、フランスの大指揮者シャルル・ミュンシュを初めて取り上げます。 別に避けていたわけではないのですが、考えてみれば、彼のLP、CDというとパリ管とのブラームスの交響曲第1番くらいしか聴いていないので、仕方ないかなという気もします。   そのパリ管とのブラームス交響曲第1番も宇野功芳氏大絶賛の当曲ナンバー1の推薦盤ということです。…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 12
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報