チェリビダッケが、1952年10月30日にウィーン交響楽団を振ったブラームス交響曲第1番のライブ演奏が凄いです。ぜひ聴いてください。 ↓ チェリビダッケ/ウィーン響 ブラームス1番   セルジュ・チェリビダッケ(1912-1996)。 ルーマニア出身の名指揮者。   その指揮者としてのスタートはユニークです。 ドイツ敗戦の1945年。 30歳を僅かに過ぎた経歴らしきものがほとん…

  • 人気ブログランキング

マリン・オールソップが、ロンドン・フィルを指揮して録音したブラームスの交響曲第4番が素敵です。   こんか清々しく瑞々しく優しく、ずっと包まれているいたいと思った演奏は初めてです。   特に第2楽章が絶品。     オールソップのブラームス4番 CD帯紹介文より   CD帯紹介文には、   重苦しいばかりがブラームスではない! さっぱりと…

  • 人気ブログランキング

僕は、クラシック音楽、それも指揮者の演奏のあれこれについて魅せられてしまい、それこそ中学生だった50年前からいろんな指揮者の聴き比べをしてきました。   中学生の頃の僕の夢は、音楽評論家になって、やれベートーヴェンの英雄なら、誰々の指揮でオーケストラはどこどこで、いつの日のコンサートライブがいいよ、なんて話をずっとしていたいタイプです。   よく妻に言われるのですが、それだった…

  • 人気ブログランキング

1980年代の後半から90年代の初めに掛けて僕はよくコンサートに出かけました。   ’89年の32歳の時に、新星日本交響楽団の第九の合唱団員として、東京文化会館とサントリーホールで歌ったのを皮切りにクラシック熱が盛り上がっていた頃です。   まだ独身でしかも世の中はバブル景気の真っただ中、使えるお金もあったので、会社が六本木ということもあり、ほぼ毎日飲み歩いていました。 &nb…

  • 人気ブログランキング

カレル・アンチェル(1908-1973)とチェコ・フィルハーモニー管弦楽団による ブラームス交響曲第1番を聴きました。   これがなんと素晴らしい演奏か!   ブラームス交響曲第1番というとそれこそ山のようにLPやCDがあります。 また音楽雑誌のアンケートでも、コンサートで聴きたい曲のトップクラスです。   そして、この曲のベスト盤はどれかなど評論家諸氏たちはかんかん…

  • 人気ブログランキング

ブラームスは、室内楽の人です。   もちろん管弦楽の実力者で、4つの交響曲やピアノ協奏曲、 ヴァイオリン協奏曲など、超の付く名曲を遺していますが、 僕はブラームスの真髄は室内楽だと思います。   内向的で繊細で、センチメンタルで、 北ドイツのハンブルクで生まれたブラームスには、   なにか情熱、希望、夢を胸に秘めながら、 重い荷物を背負って、もくもくと歩んでいくという…

  • 人気ブログランキング

ラファエル・クーベリックは、 ブラームスの交響曲全集を2回録音しています。 今日ご紹介するの1回目の録音です。   僕は、未聴でしたが、友人の勧めのあって聴いてみました。   素晴らしいの一言です。   数あるブラームスの交響曲全集の中でも ベストなもので入るのではと感じました。   ブラームス: 交響曲全集; ヤナーチェク: シンフォニエッタ<タワーレコー…

  • 人気ブログランキング

クナッパーツブッシュ(1888-1965)は、   不思議な指揮者です。   これだけ知名度があるのに、関連書籍がありません。   Amazonで検索すると1冊ありました。     でもその芸術よりも政治と絡めての本です。   興味深いので中古を注文しました。   さて、今日は昨年4月に発売された   『クナッパーツブ…

  • 人気ブログランキング

お正月休みが終わって、5日間仕事をしたら、 また三連休で、どうもまだペースがつかめないでいます。   僕も今年62歳になりますが、 時間は大切に使っていきたいと思っています。   先日、所属する合唱団の新年会がありました。   もう30年も続いている合唱団で、 メンバーも100名以上の大所帯です。   新年会ということで、 普段お話ししない人とも話すことがで…

  • 人気ブログランキング

ブラームスの4番というと 彼の最後の交響曲ということと、 第1楽章のセンチメンタルな主題から、 ブラームスの4つの交響曲の中でも特に内省的なイメージがあります。   そのためか哀愁を帯びた演奏も多いような気がしますが、 完成したのが、1885年とブラームスはまだ50代前半の時期。   第1番を発表してから、10年も経っていない時です。   だから枯淡の境地的な演奏より…

  • 人気ブログランキング

今日は、マクシム・エメリャニチェフという ロシア出身の今年30歳になった指揮者の演奏をお届けします。   トスカニーニもフルトヴェングラーもカラヤンもみんな30歳の頃はありました。   でも残念ながら往年の指揮者の30歳の録音はなかなか聴けませんし、 録音自体が残っていません。※カラヤンは残っているようです。   結局、僕らは往年の指揮者の演奏は、 それなりにお年を召…

  • 人気ブログランキング

ブラームスの交響曲第1番というと 何年か前のクラシック音楽雑誌の企画で、 好きな交響曲というアンケート調査で、 堂々第1位を取った曲です。   実際、コンサートでも盛り上がるし、 終わった後のブラボーという掛け声も似合う曲です。   また、CDの数でも相当数出ていると思われ、 交響曲1曲に対するCDの数も、 ベートーヴェンの”英雄””運命””田園””合唱”などと 対抗できる唯一…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 5




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村