宇野功芳氏の著書によると、 フルトヴェングラーのベートーヴェンの第九の録音は、 8種類残されているとのことです。   一番古いものは、1937年5月1日にロンドンのクィーンズ・ホールで行われた ジョージ六世の戴冠式祝典コンサートのライブ録音です。   オーケストラは当時首席指揮者を務めていたベルリンフィル。   そして一番最後が、1954年8月22日のルツェルン音楽祭…

  • 人気ブログランキング

いまでもその当時のことはよく憶えています。 日本時間の1989年11月10日にベルリンの壁崩壊のニュースが流れました。   ソ連のゴルバチョフのペレストロイカ政策に始まり、東欧諸国の民主化運動に発展、 それがベルリンの壁崩壊につながりました。   僕は、当時仕事でモスクワに行き始めた頃で、 なにか時代は変わるという胎動を肌で感じていました。   以下、ベルリンの壁に関…

  • 人気ブログランキング

エリオット・ガーディナー指揮 レヴォリュショネール・エ・ロマンティークによる、   ベートーヴェンの英雄と第4番       古楽器演奏では、ホグウッド、ブリュッヘンも名演ですが、 僕は爽快にして痛快で小気味良いテンポと躍動的な ガーディナーの演奏が大好きです。   英雄の第1楽章の展開部でヴァイオリンが即興的に 内声部を引き立たせるなど、新鮮な発…

  • 人気ブログランキング

サイモン ラトルは、1955年1月生まれなので、 1957年生まれの僕にとっては、佐渡裕(1961年生まれ)と共に 同世代の指揮者として注目しています。   2012年のロンドンオリンピックの開会式にも登場していて、 現在、もっとも実力、人気を兼ね備えら指揮者だと思います。   特に、地方都市のオーケストラに過ぎなかったバーミンガム市交響楽団を 一流に育てるなどそんな研鑽を積ん…

  • 人気ブログランキング

オットー・クレンペラーの演奏、 正確にいうと録音に残された演奏に惹かれ、聴きだし、 LP、CDを集めだして、もう30年近く経ちます。   もっと言えば、初めてクレンペラーのLPを購入したのが中学3年の時でしたので、 かれこれ45年ほど聴いてきたことになります。   でも、1972年に15歳の僕が初めて購入したシューマンの交響曲全集は、 僕が、あまりにも未熟過ぎてよく理解できなか…

  • 人気ブログランキング

僕が、オットー・クレンペラー(1885-1973)の音楽に魅了され、 LP、CDを集めだしたのは、80年代の中頃からで、もう30年も前からのことです。   その頃は、CDが出てから数年という頃で、LPで出ていたものが、 CD化されて出始めたころでもあります。   そんなことから、お茶の水の中古レコードショップに行くと、 割と安価にLPが手に入り、僕はよく土曜日にお茶の水に行った…

  • 人気ブログランキング

セルジュ・チェリビダッケ(1912-1996)ルーマニア生まれのドイツで活躍した指揮者。 戦後の混乱の中、フルトヴェングラーが指揮活動できない中、 ベルリンフィルを支えた指揮者で実質4代目常任指揮者とする意見もあります。   中学2年生の1971年から今日まで、クラシック音楽ファンとして50年近く聴いてきましたが、 恥ずかしながら、チェリビダッケの名前を知ったのは、ここ数年のことでした。…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村