日本国内で初めて第九の全曲の演奏会が開催されたのは、 1918年6月1日、四国の徳島ででした。   演奏したのは、徳島の坂東俘虜収容のドイツ兵たちでした。   彼らは、1914年の第一次世界大戦で、 中国の青島(チンタオ)で日本軍と戦って降伏したドイツ兵たちだったのです。   第一次世界大戦は、日本は連合国軍として参戦しました。   ドイツの降伏兵約4600…

  • 人気ブログランキング

1986年(昭和61年)4月の NHK交響楽団の第990回定期公演は、 巨匠ギュンター・ヴァントのキャンセルにより、 急遽朝比奈隆が指揮を執ることになりました。   まあ、ヴァントの代役となれば、 朝比奈隆しかいないでしょう、と思いますが、 N響側は、大変だったと思います。   朝比奈隆の予定は、たまたま空いていたのか、 それとも相当調整したのかわかりませんが、   …

  • 人気ブログランキング

アルトゥーロ・トスカニーニ(1867-1957)。 1937年12月25日のクリスマスから トスカニーニ指揮のNBC交響楽団の演奏会が始まりました。   実は、当時70歳のトスカニーニは、引退をするつもりだったのです。   しかし、音楽評論家でNBC音楽顧問だった サミュエル・チョツィノフの粘り強い説得によってこの年から復帰しました。   もしかしたらフルトヴェングラ…

  • 人気ブログランキング

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、 その生涯にベートーヴェンの第九を75回演奏会で指揮しています。 これは、カラヤン財団の運営するサイトで報告されています。   これは、フルトヴェングラーの103回には、敵いませんでした。   しかし、セッション録音に関してはカラヤンは5回行っています。 フルトヴェングラーは、結局1度も録音することなく他界してしまいました。   カラヤ…

  • 人気ブログランキング

「第九」を初期に録音した指揮者のなかで、 もっとも知られ、しかも現代に聴いても、十分通じるというか、 全く違和感がなく、そのレコードの評価が高いのでが、 ワインガルトナー指揮ウィーンフィルの1935年の録音です。   1935年2月2日から4日に掛けて録音されたもので、 80年以上前の録音ですが、十分鑑賞に堪えられますし、 現在もいくつかのレーベルからCDが出ています。   し…

  • 人気ブログランキング

日本で海外のプロのオーケストラが演奏したのは、 第二次大戦後の1955年(昭和30年)に来日した、 アメリカのシンフォニー・オブ・ジ・エアーでした。   このオーケストラの前身は、 ほとんどトスカニーニの専属オーケストラだったNBC交響楽団で、   54年のトスカニーニの引退で、運営側は解散を予定していましたが、 メンバーがそれを拒み、自主運営のオーケストラとして再出発した楽団…

  • 人気ブログランキング

第九の初演は1824年5月7日、 ウィーンのケルントナートーア劇場で行われました。   記録によれば、その時の管弦楽の人数は、 なんと通常の倍の人数が参加しています。 これは作曲者ベートーヴェン自身の要望でした。   ヴァイオリンが24名、ヴィオラが10名、 チェロとコントラバスがそれぞれ12名、 管楽器も、弦楽器に合わせて通常の倍。   当然劇場のオーケストラメンバ…

  • 人気ブログランキング

小澤征爾も1935年(昭和10年)生まれなので、今年で83歳。   ふさふさした髪も真っ白になり、 一時期健康もすぐれない時があったようですが、 現在も、現役で意欲的に活動されています。   さて、今日は小澤征爾が、まだ30代の時録音した『第九』を取り上げました。   この録音は、1974年2月、小澤征爾38歳の時のもので、 後にサイトウキネン、水戸室内管とも録音して…

  • 人気ブログランキング

いま、「『第九』ベートーヴェン最大の交響曲の神話」中川右介著(幻冬舎新書) 第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話 (幻冬舎新書) を読んでいます。   まだ全部読み切っていませんが、これが面白くて面白くて。   著者の中川氏も相当資料を調べられたことと感謝しますが、 僕は、この本で初めて、ベートーヴェンの第九が、 世界遺産に指定されていると知りました。   もう年末…

  • 人気ブログランキング

僕は中古レコード屋によく行きます。 掘り出し物がないか、格安のものがないかと探すのが結構楽しいのです。   先日は、横浜駅西口のダイエー4階にあるレコファンに行ってきました。 僕がよく行く中古レコードショップは、新宿のディスク・ユニオンで、 横浜だと関内のディスク・ユニオンに時々行っていました。   このレコファン横浜は初めてです。 さて店内は300㎡はあろかという広いスペース…

  • 人気ブログランキング

ヘルベルト・ケーゲルが最後に来日した時のNHKの実況録音のCD化です。 また、現在タワーレコードからLP3枚組でも出ています。   CDの解説文を書いている許光俊氏によると、 許氏はコンサートに行ったのではなく、 あとでFM放送で聴いて、その演奏の異常さに驚いたと 確か著書に書かれていたと思います。   この日のプログラムは、 全てベートーヴェンで(アンコールのみバッハ) エグ…

  • 人気ブログランキング

エレーヌ・グリモー(1969年11月7日フランス生まれ)。 恥ずかしながら、実は1週間前まで その存在も知らなかったピアニストです。   しかも現在49歳ですから、 新進ピアニストでもなく、 まさに脂の乗り切った実力派です。   しかも美貌の持ち主で、美人に弱い僕は、 さっそくネルソンス指揮バイエルン放送響と入れた ブラームスを聴いて、その実力に舌を巻きました。   …

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング