おはようございます。 ともやんです。   僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。   なんとウィーンフィルハーモニー管弦楽団が来日して富山で公演を行ったのです。 プログラムが、ベートーヴェンの”田園”とシューベルトの”未完成”という王道中の王道のものでした。 演奏の云々は全く…

  • 人気ブログランキング

おはようございます。   ともやんです。   僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。   なんとウィーンフィルハーモニー管弦楽団が来日して富山で公演を行ったのです。 プログラムが、ベートーヴェンの”田園”とシューベルトの”未完成”という王道中の王道のものでした。 &…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   今日は、忘れられた名曲とそれを演奏しながら長らく廃盤になっていて今月復活するCDのご紹介です。 ↓ 天才メンデルスゾーン 若き日の傑作   フリードリヒ・シュナイダーの名前は、今回初めて聴きました。ベートーヴェンより16歳年下でウェーバーと同い年、ロッシーニより6歳年上という人です。   収録されている交響曲は、第17番…

  • 人気ブログランキング

小菅優の名盤 水がテーマ 2018年最新録音

目安時間:約 5分

小菅優の2018年に録音した最新アルバムを聴きました。   小菅優の名前は実は初めて聴いて、もちろん演奏も初めて聴いたのですが、   この人は、いいです!   プロフィールをみると1983年5月生まれということで、現在35歳。   多く演奏家が、国際コンクールの入賞をきっかけに、一躍注目させてキャリアを積んでゆく道をたどるのですが、 小菅優の場合は、コンクー…

  • 人気ブログランキング

メンデルスゾーンは、裕福な銀行員の家庭に生まれた御曹司ということで、軟弱なイメージがありますが、 なかなかどうしてその恵まれた才能と豊か経済力を無駄にすることなく、   音楽の発展に38歳という短い生涯を捧げた硬派な人だったというのが僕の最近のメンデルスゾーン像です。   何と言っても20歳の若さで、100年ぶりにJ・S・バッハの「マタイ受難曲」を世に出した人です。 &nbsp…

  • 人気ブログランキング

ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)が、 1929年から35年に掛けて録音した作品集です。   ウェーバー、メンデルスゾーン、ベルリオーズの曲が収録されています。   もう90年近く前の録音ながら、 十分鑑賞に耐えられるクオリティーなのが嬉しいです。   フルトヴェングラー 名盤 メンデルスゾーン   CD帯紹介文では、ウェーバーとベルリオ…

  • 人気ブログランキング

僕には、1990年に諏訪内晶子が、史上最年少で、 チャイコフスキー国際コンクールで優勝した記憶が鮮烈で、   いまだに美少女のヴァイオリニストという印象が強いですが、 時の流れは無情なもので、彼女も既に47歳という大人の女性になりました。   僕の悪い癖で、どうも現役の日本の音楽家の演奏を あまり聴かない傾向があります。   でも国際的に高く評価されている人は多く。 …

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村