こんにちは、 ともやんです。   今日は、原爆の日です。75年前の1945年(昭和20年)の朝8時15分ごろ、広島に原爆が投下され多くの一般市民が命を奪われました。   その後、広島市は、核兵器根絶を訴え続けていますが、現在に至ってその願いは叶えられていません。 むしろ拡大しているように感じます。   しかもアメリカのような自国優先を打ち出す指導者が跋扈しています。 …

こんにちは ともやんです。   ヴァイオリン協奏曲の中で僕が特に好きなのは、メンデルスゾーンとチャイコフスキーです。 それに続くのが、J・S・バッハ。   クラシックの三大ヴァイオリン協奏曲は、ベートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーンと言われますが、ベートーヴェンとブラームスは、もちろん名曲で好きですが、あまりにも立派過ぎて、つい構えてしまいます。   その点、メ…

こんにちは ともやんです。   メンデルスゾーン(1809-1847)というと良家のお坊ちゃま的な作曲家を思われて、バッハからベートーヴェンに続くドイツの作曲家に比べて、低く見られる傾向があります。   ベートーヴェンを巨星とすれば、メンデルスゾーンはそれには敵わないとしても唯一無二の輝きを放つ星であることは確かです。 スポンサーリンク   僕は、年齢を重ねるごとにメ…

こんにちは。 ともやんです。   NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」2014年11月3日放映は、ヴァイオリニスト五嶋みどりを取り上げていました。 アメリカの音楽大学で教鞭も取りながら年間100回に上る演奏活動を続ける五嶋みどりの生活の一部を伝えていました。 スポンサーリンク   音楽に人生を捧げ真摯に打ち込み、また音楽を通しての社会貢献活動も行う五嶋みどりの姿勢に心を打た…

おはようございます。 ともやんです。   僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。   なんとウィーンフィルハーモニー管弦楽団が来日して富山で公演を行ったのです。 プログラムが、ベートーヴェンの”田園”とシューベルトの”未完成”という王道中の王道のものでした。 スポンサーリンク…

こんにちは。 ともやんです。   僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。   なんとウィーンフィルハーモニー管弦楽団が来日して富山で公演を行ったのです。 プログラムが、ベートーヴェンの”田園”とシューベルトの”未完成”という王道中の王道のものでした。   演奏の云々…

こんにちは。   ともやんです。   今日は、忘れられた名曲とそれを演奏しながら長らく廃盤になっていて今月復活するCDのご紹介です。 ↓ 天才メンデルスゾーン 若き日の傑作   フリードリヒ・シュナイダーの名前は、今回初めて聴きました。ベートーヴェンより16歳年下でウェーバーと同い年、ロッシーニより6歳年上という人です。   収録されている交響曲は、第17番…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報