こんにちは。 ともやんです。   モーツァルトの交響曲第38番ニ長調”プラハ”は、1786年12月、モーツァルト30才の時にウィーンで作曲されました。 翌年早々プラハでモーツァルト自身の指揮で初演されました。 そのためこの交響曲は、”プラハ”という名称で愛されています。   当時のモーツァルトは、歌劇「フィガロの結婚」で大成功を収め、プラハ市の依頼で歌劇「ドン・ジョバンニ」も作…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   明日、9月25日は、イギリスの名指揮者コリン・デイヴィスの誕生日です。 デイヴィスは、1927年9月25日生まれですから、明日で92歳でした。 そう、6年前に亡くなっています。   同い年のブロムシュテットが、まだ現役で頑張っていますし、2つ年下のハイティンクは、この9月6日のルツェルン音楽祭でウィーンフィルを振って引退しました。  …

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   ユニークと言っては失礼ですが、クナッパーツブッシュによる異形のモーツァルトとベートーヴェンのCDを見つけたのでご案内します。 ↓ https://amzn.to/34k5jAG   僕は、前々からクラシックの名盤とは出会いだと思っています。 それは次のような理由からです。   クラシックのCDは、発売されてから廃盤までの…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   今年は、ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)の没後30周年にあたります。   そこでいろいろ彼の生涯をたどっていると、彼がクラシック音楽界の帝王となった分岐点が見えてきます。 カラヤンのことを皮肉を込めてビジネスマンという人がありますが、この機を見る機敏さには見習うべきものがあります。   1954年11月…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。   ともやんです。   クレンペラー&ウィーンフィルのライヴ演奏のステレオ録音が、TESTAMENTから出ています。 これは1968年のウィーン芸術週間全5週間に渡る録音で、全て傾聴すべき名演ばかりです。 今日は、その中から1968年5月19日に行われたプログラムを順に聴きましたのでレビューしたいと思います。   その日のプログラムは以下です。 J・S・…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   僕の大事にしているCDの中に、アルトゥス15周年記念完全限定盤、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ライヴ録音集1と2があります。   録音集1が、フルトヴェングラー、シューリヒト、クナッパーツブッシュと言った往年の大指揮者の録音で、録音集2が、50年代以降でステレオ録音がメインのものです。   1の方が、音量面不満がありますが、2が、…

  • 人気ブログランキング

おはようございます。 ともやんです。   ヨハン・ネポムク・フンメル編曲によるモーツァルトの交響曲第38番、39番、40番の室内楽版です。 編成はフルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ。 これがなかなか聴かせてくれます。   特に第40番は、これが原曲?なんて感じるほどしっくりきます。 ↓ https://a.r10.to/hbv5eR   フンメルは、有能なピアニス…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 12




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村