こんにちは。   ともやんです。   クレンペラー&ウィーンフィルのライヴ演奏のステレオ録音が、TESTAMENTから出ています。 これは1968年のウィーン芸術週間全5週間に渡る録音で、全て傾聴すべき名演ばかりです。 今日は、その中から1968年5月19日に行われたプログラムを順に聴きましたのでレビューしたいと思います。   その日のプログラムは以下です。 J・S・…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   僕の大事にしているCDの中に、アルトゥス15周年記念完全限定盤、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ライヴ録音集1と2があります。   録音集1が、フルトヴェングラー、シューリヒト、クナッパーツブッシュと言った往年の大指揮者の録音で、録音集2が、50年代以降でステレオ録音がメインのものです。   1の方が、音量面不満がありますが、2が、…

  • 人気ブログランキング

おはようございます。 ともやんです。   ヨハン・ネポムク・フンメル編曲によるモーツァルトの交響曲第38番、39番、40番の室内楽版です。 編成はフルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ。 これがなかなか聴かせてくれます。   特に第40番は、これが原曲?なんて感じるほどしっくりきます。 ↓ https://a.r10.to/hbv5eR   フンメルは、有能なピアニス…

  • 人気ブログランキング

おはようございます。 ともやんです。   僕がクラシック音楽を聴き始めた頃のモーツァルトのレクイエムの決定盤と言ったら、カール・ベーム指揮ウィーンフィル他の演奏でした。   これはこれで、名演で、ひとつの時代を築いた最高峰の演奏として聴き継がれていくものと思います。   時代は巡りますから、その内またベームの重厚長大な演奏が、新鮮に感じる時代が来るかもしれません。 し…

  • 人気ブログランキング

世界的なピアニスト内田光子が、1983年~87年に録音したW・A・モーツァルトのピアノソナタ全集です。   当時内田光子は30代後半で、いまでは信じられませんが、この全集を出すまでは、知名度も低く、不遇の時代で経済的にも苦しい時代だったそうです。   そしてこのフィリップスからモーツァルトのピアノソナタ全集が出て、はじめて知名度が上がったそうです。 だから本人にとっては記念すべ…

  • 人気ブログランキング

今年2019年は、天才ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの父、レオポルド・モーツアルトの生誕300年に当たります。   今日は、そんな父モーツアルトのCDを紹介します。 レオポルド・モーツァルトは、1719年(11月14日に洗礼)ドイツのアウグスブルク(バイエルン州南西部に位置)に生まれ、1787年にザルツブルクで亡くなりました。   ※ザルツブルク   天才ウ…

  • 人気ブログランキング

モーツァルトは、クラリネットという楽器をこのほか愛していました。   友人のクラリネット奏者シュタートラーのために二曲の名作を書きました。   「クラリネット協奏曲」と「クラリネット五重奏曲」です。   今日は、この2曲がカップリングされている素晴らしいCDがあるのでご紹介します。   シフリンの名盤 モーツァルトのクラリネット協奏曲と五重奏曲  …

  • 人気ブログランキング
1 2 3 11




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村