モーツァルト ABC 岡田佳子 ピアノ曲集

目安時間 7分

こんにちは、 ともやんです。   クラシック音楽の世界は、やはり中心はヨーロッパだと思います。 だから、日本では知名度はほとんどないのに、現地では高い評価を受けている音楽家が多くいます。   その昔、作曲家の武満徹さんが、フランスで非常に高い評価を受けているのに日本では、関係者および音楽愛好家にしか知られていないということを聞いて憤慨した憶えがあります。   やはり音…

こんにちは、 ともやんです。   日本のプロのオーケストラは、日本オーケストラ連盟に所属する正会員が25団体と準会員の12団体で、合計37団体です。   正会員だけみると多くは首都圏や大阪を中心とした関西エリアで、首都圏で10団体、大阪、京都、兵庫で6団体、名古屋に2団体。   その他、札幌、仙台、山形、高崎、金沢、広島、福岡にそれぞれ1団体ずつあります。 スポンサー…

こんにちは、 ともやんです。   素晴らしいCDや録音に出会うパターンとしては、僕の場合2通りあります。   ひとつめは、音楽雑誌や名盤を紹介する書籍から。 ふたつめは、イモずる式。つまり感銘深い録音、CDで出会って、その音楽家の他の録音や共演者などをたどっていく方法。   どちらの方法も半々で利用しています。 ただ、ひとつめの場合、その録音、CDを紹介している人によ…

こんにちは、 ともやんです。   内田光子さんは、日本を代表するピアニストです。 もう長くロンドンにお住まいで英国籍を取られています。   僕は、1度だけ内田光子さんをお見掛けしたことがあります。もう20数年前だと思いますが、今は無くなった六本木の青山ブックセンターで、お一人で本を探しておられました。   当時は40代くらいだったでしょうか、スレンダーな方だなと思いな…

こんにちは、 ともやんです。   モーツァルトのピアノ協奏曲は、名曲の宝庫です。 特に20番以降の8曲はどれでも傑作揃いです。   さて、モーツァルトは、1784年2月初旬から、作曲年月日、タイトル、楽器編成、冒頭主題を書き入れた自作品目録を作り始めました。 最終ページは、死の床につく数日前の1791年11月15日完成した『フリーメイスン小カンタータ』K.623で終わっています…

こんにちは、 ともやんです。   ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)はドイツの名指揮者で僕の大好きな指揮者です。   彼の遺した録音のCDやLPをこつこつ集めていますが、1950年から64年の録音を集めたCD30枚組のセットは、意外な選曲もあって彼の芸術を知る打ってつけのセットです。 スポンサーリンク   今回は、モーツァルトのレクイエムを聴…

こんにちは。 ともやんです。   モーツァルトのピアノソナタは大好きですが、それ故に高みを求めてしまいます。 ピアノの弾けないのに生意気なことですが、自分の中でこんな感じに弾いて欲しいなというイメージがあって、そこにピタッとくる演奏になかなか出会わないのです。 スポンサーリンク   僕は現在、内田光子、リリー・クラウス、グレン・グールドで全集盤を持っていますが、なかなかしっくり…

1 2 3 13
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報