僕は、J・S・バッハが好きです。 とっても彼は相当数の楽曲を書いていて、 とてもではありませんが、生きていいる間に全部を 聴くことが出来るかは難しいかもしれません。   ※J・S・バッハの銅像   さて、フーガの技法は、J・S・バッハの最後の曲と言われてて、 モーツァルトの「レクイエム」、ベートーヴェンも後期の弦楽四重奏曲、 未完となったブルックナーの第9交響曲、 そしてマーラ…

  • 人気ブログランキング

僕は、マタイ受難曲をもっと知りたくて、 CDを購入しましたが、全曲の演奏時間が3時間以上掛かる大曲ですから、 一度に聴き通すなんてとてもできない。   だから第一曲「来たれ、汝ら娘たち、来たりてともに嘆かん」だけは、 いろんな演奏でよく聴いています。   評論家、宇野功芳氏は、その著書の中で、 マタイ受難曲を完全に享受するには、 コーラスに入り自ら歌うのが一番と書いています。 …

  • 人気ブログランキング

五嶋みどりは、僕が一番好きなヴァイオリニストです。   以前は、ただ上手いだけのヴァイオリニストだと思っていました。   でも、マリス・ヤンソンス指揮のベルリンフィルとの共演で 録音したメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聴いてから、考えを改めたました。   こんなヴァイオリンの音を通して、 祈りの気持ちを思い起こさせる人はいないと感じました。   なんだ…

  • 人気ブログランキング

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)のマタイ受難曲は、 クラシック音楽の中でももっとも偉大な曲のひとつだと思います。   また最高傑作として挙げる人も多いようです。   僕は、もう20年以上前に初めて聞いて感動し、 それ以来、生きているうちに歌いたいという欲求が出てきました。   初めて聴いたCDが、クレンペラー指揮フィルハーモニア管と合唱団で、 僕は…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーのザ・レガシーは、 フルトヴェングラー生誕125周年を記念して ドイツのメンブラン・レーベルが2011年にリリースしたボックス・セットです。   2016年の再生産にあたり、曲順が一部変更されていますが収録作品は同じです。   膨大な収録音源は、よく知られた演奏が中心になっていますが、 中にはストラヴィンスキーの「3楽章の交響曲」や「妖精のくちづけ」と いった…

  • 人気ブログランキング

グレン・グールドのバッハ   ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750) 平均律クラヴィーア曲集(全曲) 第1巻 前奏曲とフーガ第1番~第24番 第2巻 前奏曲とフーガ第1番~第24番 グレン・グールド(ピアノ) 録音:第1巻1962~65、第2巻1967~70     グレン・グールドのバッハは、定評があるようですが、僕はバッハのピアノ曲はグールドしか聴かな…

  • 人気ブログランキング

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750) ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド(ピアノ)1932-1982 1981年録音   惜しまれるのは、グールドが、僅か50歳で亡くなったことです。 長命の多い音楽界では、50歳は夭折といってもいいくらいですね。 1982年にその訃報を受け取った時はもちろん驚きました。   しかし、当時僕は20代前半の大学生。 50才と言う…

  • 人気ブログランキング

クラシック名盤 夏に聴きたいバイオリン・ソロ

目安時間:約 3分

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750) 無伴奏バイオリン・ソナタ ソナタ第1番ト短調BWV1001 ソナタ第2番イ短調BWV1003 ソナタ第3番ハ長調BWV1005 フェリックス・アーヨ(バイオリン) 1974.12.19-1975.1.3ローマにて録音   今年の梅雨はおかしい。   関東、特に首都圏では、梅雨らしい日はわずかで、梅雨明け宣言がないまま、東京で…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング