世間で話題になっているウィーン・フィルのヴィオラ奏者、 ティロ・フェヒナー氏が参加するアンサンブル「フィルハーモニクス」が昨年12月に来日しました。   コンサートでは、彼らが6月にリリースした アルバム「ウィーン・ベルリン・ミュージック・クラブ」に 収録された楽曲を中心に公演プログラムが組まれていました。   アルバムでは1曲目のフィルハーモニクス版「ボヘミアン・ラプソディ」…

  • 人気ブログランキング

クラリネットという楽器の音色は、なにか哀愁を感じさせます。 まろやかで温かい響きで、オーケストラの中でもなくてはならない楽器です。   何か子供の頃、思いっきり遊んで、夕焼けを見ながら家に帰った頃を思い出します。   シャロン・カムは、1971年生まれのイスラエル出身の女流クラリネット奏者。   僕は、イスラエルのテルアビブに仕事で数回言いましたが、エキゾチックな美人…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェンの16曲の弦楽四重奏曲の中で、 作品59の1~3(弦楽四重奏曲第7番~第9番)は傑作揃いです。   僕なんかはつい、ベートーヴェンの交響と対比させてしまうんだけど、 第7番は、迷いなく第3交響曲「英雄」。   そうなると第8番は、第5交響曲だよね。   ちょっと無理があるかな。   やっぱり対比させるのはやめようか。   そんなことど…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェンの 16曲の弦楽四重奏曲の中で、 僕が一番カッコいいと思うのは、 第7番『ラズモフスキー第1番』です。   カッコいいと言う俗な言い方での 表現は失礼かもしれませんが、   本当にそのカッコ良さに 痺れるのですから仕方ないです。   出だしから、 交響曲第3番“英雄” を彷彿とさせる主題は、   わぁー!と心を鷲づかみされるような 快感を感じて…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェンの作品は、9曲の交響曲、32曲のピアノソナタに加え、16曲の弦楽四重奏曲は、20代の初期から晩年に掛けて作曲されています。   そのためこの3つの分野がベートーヴェンの作品を語る上で、 最重要分野であることは間違いありません。   そのなかで、弦楽四重奏曲はある程度まとまった期間に創作されています。初期の第1番から第6番は、作品18の1から6で、1800年30才の…

  • 人気ブログランキング

クラシック名盤で、本日取り上げるのは、 ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲です。   ベートーヴェン(1770-1827) 弦楽四重奏曲第13番変ロ長調作品130 ハーゲン弦楽四重奏団 ルーカス・ハーゲン(第1バイオリン) ライナー・シュミット(第2バイオリン) ヴェロニカ・ハーゲン(ヴィオラ) クレメンス・ハーゲン(チェロ) 2002年録音     ロシアのガリツィ…

  • 人気ブログランキング

クラシック名盤で、本日取り上げる曲は、 ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲です。   まず、第12番変ホ長調作品127と第15番イ短調作品132。 ベートーヴェンは、1810年に11番「セリオーソ」を作曲してから、 実に10年以上、この分野での作曲がありませんでした。   しかし、ロシアのガリツィン公爵からの依頼を受けて、再び弦楽四重奏の作曲に戻り、1824年から26年に掛けて…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村