アントン・ブルックナー(1824-1896)の 交響曲第6番は、   後期に位置する 作品にも関わらず、   人気面では、 第3番以降では 一番ないように感じます。   第6番は、 1879年の夏が過ぎて   作曲に着手し、 2年後の81年に完成しました。   ブルックナー交響曲第6番 作者は聴かずに逝った しかし、 当時は、 過激な評論家ハンスリ…

  • 人気ブログランキング

セルジュ・チェリビダッケこそ、 フルトヴェングラーの後任の 第4代目ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の 常任指揮者だと個人的には思います。   3代目フルトヴェングラーが、 非ナチ化裁判で指揮できなかった1945年から47年までと、 フルトヴェングラーが終身契約を結ぶ52年までは、 チェリビダッケが常任指揮者と言ってよいと思います。   この期間、チェリビダッケは400回以上、…

  • 人気ブログランキング

アンドリス・ネルソンスは、1978年ラトビア出身の指揮者。 その奇をてらわない正攻法のアプローチで、 まだ40歳ということもあり、僕が注目している指揮者です。   最初は、ピアニスト、エレーヌ・グリモーの伴奏指揮で気になりだし、 ボストン響とのブラームス交響曲全集で、大いに期待が膨らみました。   しかし、次に聴いたライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との ブルックナー4番『ロマン…

  • 人気ブログランキング

ブルーノ・ワルター81歳の時のライブ録音。 しかも珍しいシカゴ交響楽団とものもので、 80歳の老人のどこにそんな激しさがあるのかと思わせる部分と 慈しみ憐れむ部分では、ワルターの独壇場でまさに歴史的な感動的名演です。   ソリストの中では、当時28歳の モーリン・フォレスターのその深い歌唱が心に響きます。   調べるとこの当時モーリン・フォレスターは、 デビューから4、5年の頃…

  • 人気ブログランキング

最初のころ、アーノンクールに対しての イメージは良くありませんでした。   古楽器演奏台頭の立役者で、鮮烈な演奏をする人、 時には奇をてらったことをしたり へんちくりんなことをしたりする人という イメージを持っていました。   また、古楽器演奏を得意とし レパートリーもバッハ中心に、 ハイドン、モーツァルト、ベートヴェンまでの古典派を 得意とするというイメージでした。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

ラファエル・クーベリックは、 ブラームスの交響曲全集を2回録音しています。 今日ご紹介するの1回目の録音です。   僕は、未聴でしたが、友人の勧めのあって聴いてみました。   素晴らしいの一言です。   数あるブラームスの交響曲全集の中でも ベストなもので入るのではと感じました。   ブラームス: 交響曲全集; ヤナーチェク: シンフォニエッタ<タワーレコー…

  • 人気ブログランキング

極上の名盤です。   クラシック音楽の持つ、 最高のイメージそのままの演奏です。   気品があり、美しく、優しく、楽しく、 幸福感に溢れる演奏です。   アンドレ・プレヴィンとウィーンフィルだから 成し得た名演の名盤だと思います。   ハイドンは、現在ピリオド楽器の演奏が主流で、 もちろんそのフレッシュな演奏にも惹かれますが、   モダン楽器による…

  • 人気ブログランキング

ラファエル・クーベリック(1914-1996)は、 チェコ出身の大指揮者で、   それこそクラシック音楽を 聴き始めた頃から名前はよく知っています。   しかし、そこまでで、 積極的に聴くことはありませんでした。   モーツァルトやドヴォルザークなど よく聴いたと思います。   あとアリアCD店主おすすめの マーラーの交響曲第9番も一時よく聴いたかな。 &n…

  • 人気ブログランキング

トーマス・ファイは1960年生まれのドイツの指揮者です。 もっと若い印象がありましたが、僕と同世代です。 つまり遅れてきた青年の世代なんですね。   第二次世界大戦後のベビーブームの時代に生まれた、 日本では団塊の世代ですが、その年代がパワーで切り開いた、 60年代、70年代の文化的推進のあとに付いていった世代です。   僕は、『遅れてきた青年』世代と勝手の呼んできます。 &n…

  • 人気ブログランキング

2月になりました。   日も少し長くなり、 庭の梅も数日前から咲きだし、   しかも今日は気温も14℃まで上がるということで、 少しずつ春に近づいています。   さて、先日クナッパツブッシュをご紹介した際にもお伝えしたが、 植村攻著『巨匠たちの音、巨匠たちの姿』という本があります。 ↓ https://amzn.to/2S6bx4P   1954年から59年…

  • 人気ブログランキング

植村攻著『巨匠たちの音、巨匠たちの姿』という本があります。   1954年から58年までの4年間、 銀行員としてロンドン支店に勤務をしていた、 著者の植村攻氏が、忙しい仕事の合間に、   というよりも仕事に優先して、 ザルツブルクやバイロイトの音楽祭に通い、 多くの巨匠たちの演奏に接した体験を生き生きと描いた良書です。   僕は、まだ完全に読み切っていませんが、 この…

  • 人気ブログランキング

山田和樹は、1979年1月26日生まれですので、 つい先日40歳になったばかりです。   昨年の秋、たまたま聴いたCDが、 横浜シンフォニエッタとのモーツァルトの『ジュピター』と シューベルトの『ザ・グレート』で、 僕は強く惹かれ、今年こそは彼のコンサートに行こうと考えています。   チャンスは1月20日に府中の森芸術劇場で 日本フィルとのコンサートがあったのですが、 知ったの…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 27




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村