こんにちは、 ともやんです。   僕の大好きなヘルベルト・ブロムシュテット。   なんと1929年、つまり昭和4年生まれなので、今年91歳。 しかも現役の指揮者です。   たしか、今から30年以上前、ブロムシュテットがシュターツカペレ・ドレスデンで来日した時、聴きに行きました。   プログラムは、マーラーの交響曲第1番”巨人”。 スポンサーリンク

こんにちは、 ともやんです。   アーノンクールが、若い頃妻と一緒に中心とない結成したオーケストラ、ウィーン・コンチェルトゥス・ムジクスを振ったモーツァルトの後期三大交響曲がいいです。   手練手管を使いながらも常の新しいものを目指す真摯な姿勢が心を打ちます。 録音当時、84歳か5歳の高齢にも関わらず、その探求心と好奇心は見習うべきです。   クラシック音楽ファンとし…

こんにちは、 ともやんです。   アーノンクールが亡くなって4年が経ちました。   アーノンクールのイメージは、前衛的で過激な面があるのでもっと若いと思っていましたが、亡くなった時は86歳でした。   図らずも今日ご紹介する録音は、アーノンクールの最後になったものです。   アーノンクールは、90年代にヨーロッパ室内管弦楽団とベートーヴェンの交響曲全集を始め…

こんにちは、 ともやんです。   ジョージ・セルがクリーヴランド管弦楽団と1958年から1960年にかけてソニー・クラシカルに残したドヴォルザークの後期三大交響曲です。   僕は、ドヴォルザークの交響曲では、第8番が大好きで、学生の頃から親しんできました。   もちろん第9番の新世界よりも名曲なので何度も聴きましたが、第7番だけはなかなかしっくり来なかったのです。 &…

こんにちは、 ともやんです。   小澤征爾のCDジャケットを観ながら、おじいちゃんになられたな、と感慨深いものを感じます。 それもそうで、今年の9月1日で85歳になられます。   細身の身体から、長髪を振り乱しながら、でも決して興奮するでもなくしなやかなバトンさばきが脳裏によみがえってきます。   結局、いままで小澤さんの実演には一度しか接していません。 スポンサーリ…

こんにちは、 ともやんです。   昨晩夢を観ました。朝比奈さんのブルックナーの8番を聴いている夢です。   なんか未発表の音源で、ブルックナーの8番ともうひとつピアノ協奏曲らしい。えっ?ブルックナーのピアノ協奏曲?そんなのあったっけ?というところで目が覚めました。 スポンサーリンク   夢ですから荒唐無稽なものですが、そう言えば、朝比奈さんのブル8ってあまり聴いたこと…

こんにちは、 ともやんです。   毎年楽しみにしている『ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会』は、今年2020年で第18回を迎えます。   ただ、今年は新型コロナウイルス禍による運営体制の検討につき、本日7月15日に発売予定だったチケットが、急遽9月以降に延期されました。 スポンサーリンク   個人的には、なんとか中止だけは避けて欲しいということを切望します。 &…

1 2 3 79
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報