こんにちは、 ともやんです。   アンドリス・ネルソンス(1978年11月18日生まれ)は、バルト三国のひとつラトヴィアの出身で、同国の国立歌劇場のトランペット奏者を務めた後、サンクト・ペテルブルク音楽院に留学、2002年からマリス・ヤンソンスに師事。   ’03~07年ラトヴィア国立歌劇場首席指揮者、’06~09年北西ドイツ・フィル首席指揮者を歴任、’08年9月バーミンガム市…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   2019年8月から、名門ベルリンフィルの首席指揮者兼音楽監督に就任したキリル・ペトレンコ&ベルリンフィルとの最初の録音をご案内します。 ↓ 【SACDハイブリッド】 チャイコフスキー: 交響曲第6番 《悲愴》 キリル・ペトレンコ 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   ベルリンフィルのサイモン・ラトルが昨シーズン限りで退任。 後任はペトレン…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   今年の7月24日より、1964年以来、56年ぶりに東京でオリンピックが開催されます。 いろいろ運営面で問題があるようですが、4年に一度のオリンピックを目標に心血を注いでトレーニングに励んできたアスリートたちにはかけがえのない大会ですので、ぜひ成功してもらいたいと思います。   さて前回オリンピックのあった1964年(昭和39年)にその開催より5…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   ヨゼフ・カイルベルト(1908-1968)は、カラヤンと同い年ながら、惜しくも60歳で亡くなっています。 しかも1968年7月20日のバイエルン国立歌劇場においてワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』を指揮している最中に心臓発作で亡くなったのです。   今日は、そんなカイルベルトの遺したベートーヴェンの名演をご案内します。 バイエルン放送響とのラ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは、 ともやんです。   序曲「エグモント」は、ベートーヴェンの11曲の序曲の中でももっとも人気の高い曲だと思います。 人気だけではなく曲の内容も素晴らしく、僕は悲劇的な序曲「コリオラン」よりもこちらの方が好きです。   あのフルトヴェングラーが、第二次世界大戦後、ナチへの協力した嫌疑をかけられ約2年半の演奏活動禁止のあと、1947年5月25日に最初にベルリンの聴衆の前…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン コリオラン序曲 おすすめ 7選

目安時間:約 8分

こんにちは、 ともやんです。   ベートーヴェンは、オペラに関しては「フィデリオ」しか書いていません。   しかしこのオペラ用の序曲として4曲作曲しています。 「レオノーレ序曲」が第1、第2、第3の3曲に「フィデリオ序曲」。   それ以外では、劇音楽用として「コリオラン」「エグモント」「アテネの廃墟」「シュテファン王」「献堂式」の5曲、舞踏音楽の序曲として「プロメテウ…

  • 人気ブログランキング

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 おすすめ 5選

目安時間:約 11分

こんにちは、 ともやんです。   現代、演奏会やCDで一番人気と実力を兼ね備えたヴァイオリン協奏曲と言えば、多くの方は、ベートーヴェンかブラームスを挙げるのではないでしょうか?   ただ僕個人の好みとしては、チャイコフスキーが一番で、次がメンデルスゾーンです。 次がJ・S・バッハかな。   スポンサーリンク   もちろんベートーヴェンとブラームスも好きですが…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 69
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報