クレンペラー ベートーヴェンの名盤   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)   交響曲第1番ハ長調作品21 Ⅰ Adagio molto-Allegro con brio 09:46 Ⅱ Andante cantabile con moto 08:48 Ⅲ Menuetto.Allegro molto e vivace 04:01 Ⅳ Finale.A…

  • 人気ブログランキング

クレンペラー ベートーヴェンの名盤   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第1番ハ長調作品21 オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団 Ⅰ Adagio molto-Allegro con brio Ⅱ Andante cantabile con moto Ⅲ Menuetto.Allegro molto e vivace Ⅳ Finale…

  • 人気ブログランキング

クレンペラーの名盤 ベートーヴェン交響曲第 5番   ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67 オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団   第1楽章(08:57)Allegro con brio 第2楽章(11:16)Andante con moto 第3楽章(06:16)Allegro.Attaca 第4楽章(13…

  • 人気ブログランキング

クレンペラーの芸術の真髄を探る貴重な録音

目安時間:約 4分

クレンペラーの芸術   オットー・クレンペラー(1885-1973)は、 20世紀を代表する大指揮者です。   ユダヤ系のため、ヒットラー政権下のドイツを去り、アメリカに渡りますが、数々の身体的な苦難に見舞われ、戦後、手負いの獅子のようにヨーロッパに戻ります。   しかし、これだけの人を敏腕プロデューサー、ウォルター・レッグは、放っておきませんでした。 1950年代、…

  • 人気ブログランキング

クレンペラーのブルックナーは、 後年のフィルハーモニア管との録音では、   例えば第5番などは、まるで大河の流れのような悠然たる演奏を展開していますが、 60年代の初めころまでは、どちらかという早めのテンポで 素っ気なくすすめる演奏が多いように思います。   確か、第4番“ロマンティック”では、最短の演奏を残しているのもクレンペラーだったと思います。   その辺のクレ…

  • 人気ブログランキング

まさに聳え立つ巨峰!   クレンペラー+フィルハーモニア管による、 1960年ウィーン楽友協会に於けるベートーヴェン・ツィクルス。   有名なライヴ録音です。   厳しいリズム感、 木管に対しての自由な飛翔は 聴いていて姿勢を正したくなるほどです。   短期間で一気に演奏されたこのツィクルスは 巨匠も余程体調が良かったのか、   怒鳴り声も至る所で…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング