こんにちは、 ともやんです。   素晴らしいCDや録音に出会うパターンとしては、僕の場合2通りあります。   ひとつめは、音楽雑誌や名盤を紹介する書籍から。 ふたつめは、イモずる式。つまり感銘深い録音、CDで出会って、その音楽家の他の録音や共演者などをたどっていく方法。   どちらの方法も半々で利用しています。 ただ、ひとつめの場合、その録音、CDを紹介している人によ…

クーベリック ベートーヴェン交響曲全集より

目安時間 7分

こんにちは、 ともやんです。 チェコが生んだ大指揮者ラファエル・クーベリック(1914-1996)が、1971~75年に掛けて9つのオーケストラと録音した全集がSACD化されて発売されます。 ↓ 【SACD】 ベートーヴェン:交響曲全集 [SACD[SHM仕様]]<生産限定盤> 一般的な全集の場合、指揮者とオケは固定していますが、曲ごとに9つのオケを振り分けるという面白い企画です。 スポンサーリン…

ドヴォルザーク交響曲第8番 おすすめ 5選

目安時間 10分

こんにちは。 ともやんです。   ドヴォルザークの交響曲というと、誰でもが知っている第9番”新世界より”です。 でも、第8番も根強い人気を持っています。   なにを隠そう、僕は断然第8番が好きです。 何と言っても親しみやすいメロディーの宝庫です。 スポンサーリンク   特に第3楽章の哀愁を帯びたメロディーが素晴らしく、しかも同じ哀愁のメロディーを得意といたブラームスに…

チェコの名指揮者ラファエル・クーベリックとベルリンフィルが1966年から73年に掛けて行ったベルリンフィル史上初のドヴォルザーク交響曲全集 ▽ ▽ ▽ ドヴォルザーク: 交響曲全集 ラファエル・クーベリック 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団   フルトヴェングラー亡き後、カラヤンが、首席指揮者になって12年目。 ベルリンフィルは、クーベリックの指揮の下、世界最高の響きを奏でています…

ラファエル・クーベリックは、 ブラームスの交響曲全集を2回録音しています。 今日ご紹介するの1回目の録音です。   僕は、未聴でしたが、友人の勧めのあって聴いてみました。   素晴らしいの一言です。   数あるブラームスの交響曲全集の中でも ベストなもので入るのではと感じました。   ブラームス: 交響曲全集; ヤナーチェク: シンフォニエッタ<タワーレコー…

ラファエル・クーベリック(1914-1996)は、 チェコ出身の大指揮者で、   それこそクラシック音楽を 聴き始めた頃から名前はよく知っています。   しかし、そこまでで、 積極的に聴くことはありませんでした。   モーツァルトやドヴォルザークなど よく聴いたと思います。   あとアリアCD店主おすすめの マーラーの交響曲第9番も一時よく聴いたかな。 &n…

ラファエル・クーベリック(1914-1996)は、 チェコ出身の大指揮者です。   1934年にチェコフィルを振ってデビューしましたが、 48年に祖国の共産化に反対して西側に亡命しました。   61年から79年に掛けてバイエルン放送交響楽団を 初代のオイゲン・ヨッフムから引き継いで2代目に就任。 世界的なオーケストラに育て上げました。 スポンサーリンク   僕自身古く…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報