ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)は、 ドイツの名指揮者で、僕の大好きな指揮者でもあります。   ただ、残念ながら同時代の大指揮者に比べ 評価や人気面では低いような気がします。   もっと評価されて良い指揮者だと思います。   僕が愛読している、1995年出版の 『指揮者とオーケストラ』“200CD指揮者とオーケストラ編纂委員会編”には、 &…

  • 人気ブログランキング

シューベルトの没後11年目、 シューベルトの兄フェルディナントの 手元に保管されているひと山の楽譜の中から ロベルト・シューマンが発見し、 メンデルスゾーンがライプチヒでみずから指揮して初演しました。   この曲は、演奏時間50分以上を要する大きさから ザ・グレートという愛称が付いています。   作曲の年順からいうと第十番目に属すべきもので、 1828年3月、シューベルトの死の…

  • 人気ブログランキング

ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)は、 ドイツの名指揮者で、僕の大好きな指揮者でもあります。   ただ、残念ながら同時代の大指揮者に比べ評価や人気面では低いような気がします、 もっと評価されて良い音楽家と思います。   僕が愛読している、1995年出版の 『指揮者とオーケストラ』“200CD指揮者とオーケストラ編纂委員会編”には、 200人に指揮者が紹…

  • 人気ブログランキング

ドイツの名指揮者ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900-1973)は、 彼の録音があれば、僕は無条件で聴く指揮者の一人です。   いや、指揮者の一人というよりも三人の内の一人くらいの存在です。 では、あとの二人は?というと オットー・クレンペラー(1885-1973)とフランツ・コンビチュニー(1901-1962)です。   なぜかわかりません。 三人とも僕がクラシッ…

  • 人気ブログランキング

シュミット-イッセルシュテットの名盤   ゲオルグ・フリードリッヒ・ヘンデル(1685-1759) オラトリオ「メサイア」HWV.56   ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮 ケルン放送交響楽団 NWDR合唱団(ハンブルク、ケルン) アニー・シュレム(Anny Schlemm)(ソプラノ) ロア・フィッシャー(Lore Fisher)(アルト) ルドルフ・ショック(Ru…

  • 人気ブログランキング

シュミット=イッセルシュテットの悲愴 何も足さない。なにも引かない 直球勝負の名盤   ピョートル・チャイコフスキー(1840-1893) 交響曲第6番ロ短調作品74”悲愴” ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 第1楽章:Adagio-Allegro non troppo-Andante-Moderato mosso Andante-Moderato ass…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング