ティントナー ハイドン交響曲第103&104番

目安時間 5分

こんにちは、 ともやんです。   久し振りにゲオルグ・ティントナー(1917-1999)の演奏を聴きました。   曲目は、ハイドンの交響曲。 第103番”太鼓連打”と第104番”ロンドン”です。   どちらもライブで、演奏前に4分ほどのスピーチがあります。   この人は、本当に真面目で真摯で、しかも音楽が好きで愛しています。 演奏から、それがにじみ出ています…

ゲオルグ・ティントナー指揮シンフォニー・ノヴァ・スコシアのシューベルトの交響曲第8番『未完成』と第9番『ザ・グレート』がいいです。   なんと素朴でさりげない演奏でしょうか。   小編成のシンフォニー・ノヴァ・スコシアだからでしょうか?   フルオーケストラだと埋もれて聴こえてこない楽器のパートがクリアに聴こえてきてそれがとても新鮮です。   むしろそれぞれ…

ブルックナーの交響曲の五番は、 彼の九曲の中で一番取っつきにくい曲かもしれません。   僕自身、なかなか好きになれなかった、 というよりも理解できなかった曲です。   でも少し我慢して聴いていると、 その魅力が徐々にわかってきて、 いや感じられる、共感出来てきたという表現の方が いいかもしれません。   一緒に仕事をすることになった同僚が、 無愛想で取っつきくい、しか…

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。 残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、僕がクラシック音楽に 興味を持ち聴き始めてから約50年、   僕は宇野功芳氏の評論を最も信頼して、 氏のすすめる曲や演奏家のLPやCDを 真っ先に聴きながらコレクター人生を歩んできました。   氏の評論やその歯に衣着せぬ論調は、 賛否両論がありますが、 僕は、氏の良い意味での…

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。   残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、宇野氏の功績のひとつに日本にブルックナーを 広めたというのものがあると思います。   自身もブルックナーとモーツァルトを最も愛されていたようで、 特にブルックナーを得意としていた朝比奈隆氏を高く評価され、 それがブルックナーファンを増やした遠因とも僕は思っています。 &n…

再び、ティントナーのレビューが続きます。     遅れてきた巨匠   ゲオルグ・ティントナーの名演を   世に紹介しないと   故ティントナーに申し訳ないとばかり、     ナクソスの   ティントナー・メモリアル・エディション第5集が、   ブラームス、     円熟の本領発揮の第3交響…

こんにちは、 ともやんです。   今週は、ティントナーのレビューが続きます。   遅れてきた巨匠ゲオルグ・ティントナーの名演を世に紹介しないと故ティントナーに申し訳ないとばかり、ナクソスのティントナー・メモリアル・エディション第3集が、ベートーヴェンの第4交響曲とシューマンの第2交響曲という渋い組み合わせを聴きました。   しかし、共に僕の大好きな曲だけに、演奏の良し…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報