こんにちは。   ともやんです。   さて、本日はトスカニーニとイギリスの名門オーケストラBBC交響楽団の演奏をご案内します。 ↓ https://amzn.to/2NohIO3   80年以上前の録音ですが、原盤の保存状態が良かったのか、ナクソスのリマスターが良かったのか、非常に潤いのある響きを聴くことが出来ます。むしろ個人的には、後年のNBC響とのデッドな音質より…

  • 人気ブログランキング

20世紀最大の指揮者の一人であるアルトゥール・トスカニーニが 亡くなったのは1957年(昭和32年)。   満90歳の誕生日まであと2ヶ月という時期で、 亡くなる直前までNBC交響楽団とともに録音したテープの 編集作業をしていたそうです。   今日は、僕が勝手に選んだ、トスカニーニの名演の名盤をご紹介します。   トスカニーニの名演の名盤 フルトヴェングラーとの比較 …

  • 人気ブログランキング

アントニン・ドヴォルザークは、 1841年9月8日、ボヘミアの寒村ネラホゼベスに生まれました。   今から177年前のことです。   家は旅館を経営していましたが、 幼少時から楽才を発揮し、 小学校の教師にヴァイオリンと唱歌の手ほどきを受け、 プラハにでて、16歳でオルガン学校に入学しました。   スメタナの感化を受け、器楽に対する研鑽を積み、 32歳の時、愛国的題材…

  • 人気ブログランキング

トスカニーニの ベートーヴェン全集は、 何種類かあるようですが、   有名なのでが、 1939年のツィクルスと 50年代の録音です。   トスカニーニは、 1954年の87才まで 現役でしたが、   39年は、 70才を越していたと言え、 まだまだ老け込む感じはありませんでした。   もっとも50年代の録音も、 これが80代の演奏?と思うほど、 快速テンポで…

  • 人気ブログランキング

クラシック音楽の楽しみかたのひとつに同じ曲を違う演奏者で聴いて その違いを楽しむとものがあります。   例えば、僕はベートーヴェンが好きで、ベートーヴェンの交響曲全集を何人もの指揮者とオーケストラの演奏で持っています。   そして、”英雄”の演奏をいろんな指揮者の演奏で聴いて、フルトヴェングラーはこう表現するけど、トスカニーニはこうなんだ。クレンペラーの表現は面白いな、とか楽し…

  • 人気ブログランキング

20世紀前半、というよりも歴代の指揮者の中での巨匠中の巨匠トスカニーニ(1867-1957)が亡くなって60年以上が経ちました。   トスカニーニは、1954年の4月の引退後、57年1月26日に亡くなりましたので、フルトヴェングラー(1886-1954)と共に、57年9月生まれの僕にとっては全く過去の人です。   でも、この二人の録音は、LPやCDなどの媒体を通じていまだに多く…

  • 人気ブログランキング

最近、毎朝、CDを聴きながら出勤しています。 膨大はコレクションを休みの日が帰宅後だけに聴いていたら、死ぬまでに全部聴き通せないだろうと思ったためです。   当然、ポータブルCDプレーヤーにイヤホンを付けて聴くわけですが、イヤホンは、僕にしては奮発して5,000円以上したもので聴いています。   実はこれがいいんだな。   イヤホンで聴くと音量は小さめですが、割と表現…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村