こんにちは、 ともやんです。   アンドリス・ネルソンスは、1978年ラトビアのリガ生まれ。 今年41歳になる指揮者です。   41歳と言ってもすでに巨匠の経歴と風格をもつ指揮者で、来年2020年、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートに登場が決まっています。まさに現代を代表する指揮者です。   アンドリス・ネルソンスは、トランペット奏者として経歴を開始し、ラトビア…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   アンドリス・ネルソンス指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のよるベートーヴェン生誕250周年を記念して発売された交響曲全集です。 ↓ ネルソンス&ウィーン・フィル/ベートーヴェン: 交響曲全集 [5CD+Blu-ray Audio]<限定盤>   僕は、第1番から第6番”田園”まで聴きました。 録音は、最初が第6番”田園”で2017年3月。最…

  • 人気ブログランキング

おはようございます、ともやんです。   今日は、アンドリス・ネルソンスとバイエルン放送響とのドヴォルザークの“新世界より”をご案内します。   ネルソンスは、1978年11月生まれですからまだ40歳。 30代で世界のほんとどのメジャーオーケストラを指揮して、現在もっとも忙しい指揮者の一人です。   ドヴォルザークの“新世界より”は、ドイツ国内でもコンサートで取り上げて…

  • 人気ブログランキング

アンドリス・ネルソンスは、1978年ラトビア出身の指揮者。 その奇をてらわない正攻法のアプローチで、 まだ40歳ということもあり、僕が注目している指揮者です。   最初は、ピアニスト、エレーヌ・グリモーの伴奏指揮で気になりだし、 ボストン響とのブラームス交響曲全集で、大いに期待が膨らみました。   しかし、次に聴いたライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との ブルックナー4番『ロマン…

  • 人気ブログランキング

2017年に名門オーケストラ、 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスターに就任した、 アンドレス・ネルソンスのブルックナー第2弾です。   ネルソンスは、1978年生まれなので今年で40歳。 経歴から見て、巨匠への道を着実に歩んでいるようです。   僕が、ネルソンスの名前を知ったのは偶然で、 グリモーのピアノ独奏でブラームスの2つの協奏曲を聴いていて、 オーケス…

  • 人気ブログランキング

アンドリス・ネルソンス?   先日、フランスの美人ピアニストのエレーヌ・グリモーの ブラームスの2つピアノ協奏曲を聴いていて、   なんだこの充実したオーケストラは?   バイエルン放送響とウィーンフィルだから充実していて当然だが、 指揮者は誰だ?   ジャケットを見るとアンドリス・ネルソンス指揮と表示されていました。   そこでネルソンスって誰?…

  • 人気ブログランキング




最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村