こんにちは、 ともやんです。   今年2020年は、ジョン・バルビローリ(1899-1970)の没後50年に当たります。 そういうこともありレコード会社からも特別記念盤が出ています。   そしてバルビローリの名演も収録しているグスタフ・マーラー(1860-1911)の『生誕150年記念ボックスーマーラー・コンプリート・エディション』が、かなりお得な価格でタワーレコードで出ていま…

こんにちは、 ともやんです。   ジョン・バルビローリ(1899-1970)が得意とする、英国音楽からエルガーの交響曲第1番と第2番がSACDハイブリッドで7月24日発売予定で、ただいま予約受付中です。   発売予定が、今月の24日ということで、まさかオリンピックの開会式に合わせた訳ではないでしょうが、もし東京オリンピックが開催されていれば、7月24日が開会式でした。 &nbs…

こんにちは、 ともやんです。   ジョン・バルビローリ(1899-1970)。   国籍はイギリスですが、イタリア人とフランス人の血も引くラテン気質も持ちあせています。 王立音楽院で、チェロを学び、1916年にクイーンズ・ホール管に入団するが、24年頃からは指揮者に転向、1933年にはスコティッシュ管の首席指揮者に就任し、37年から43年にはトスカニーニの後任として、ニューヨー…

年末年始休暇も昨日で終わり、 昨日が仕事始めでした。   まあ、昨日行けば行けば今日と明日は休みですが、 長い休暇の後で出勤するのは多少気が重いものでした。   昨日は出勤前の景気付けにベートーヴェンを聴きましたが、 休みの今日は、少し落ち着いてしんみりとブラームスを聴きます。   さて、昨年末になんとジョン・バルビローリが、 唯一ウィーンフィルと録音したブラームスの…

グスタフ・マーラー(1860-1911)は、好きかと聞かれれば、 好きだ!と即答します。   しかし、答えた瞬間、 いや、苦手な曲もあるな、と思ってしまいます。   いや、もしかして苦手な曲、 聴かず嫌いな曲の方が多いかもしれません。   ちょっと簡単に分析してみましょう。   1、無条件で好きなのが、 第1番“巨人”、第2番“復活”、そして今日ご紹介する第…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報