こんにちは ともやんです。   前回に続いて、フルトヴェングラーの演奏を思われていたのに、 実は違っていたいう録音について記します。   しかも、その演奏が凄い演奏なので、 ではフルトヴェングラーでなければ、誰なんだという録音です。 スポンサーリンク

こんにちは ともやんです。   森雅裕著『モーツァルトは子守唄を歌わない』の中で、楽譜屋が、無名な作曲家の曲を勝手にモーツァルトの物として出版したという出来事を書いています。   著作権が緩かった、またはないに等しかった時代ではありそうなことです。   また、一時期、現代のベートーヴェンとまで言われた佐村河内守氏の作品は、実はゴーストライターの新垣隆氏の作品だったこと…

ベートーヴェン コリオラン序曲 おすすめ 7選

目安時間 8分

こんにちは、 ともやんです。   ベートーヴェンは、オペラに関しては「フィデリオ」しか書いていません。   しかしこのオペラ用の序曲として4曲作曲しています。 「レオノーレ序曲」が第1、第2、第3の3曲に「フィデリオ序曲」。   それ以外では、劇音楽用として「コリオラン」「エグモント」「アテネの廃墟」「シュテファン王」「献堂式」の5曲、舞踏音楽の序曲として「プロメテウ…

こんにちは。 ともやんです。   ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)の録音は、それなりに聴いていたつもりですが、まだまだ聴いていない録音の中に凄い演奏が眠っていました。   戦時中の1943年6月のライブ録音のベートーヴェンのコリオラン序曲でした。 僅か9分ほどの曲の中に、息詰まるような密度の濃い演奏を聴かせてくれています。 スポンサーリンク 録音もいまから…

こんにちは。 ともやんです。   フルトヴェングラーとストックホルム・フィルによるスウェーデン放送による全録音の集大成が、放送局とオーケストラ承認による初リリースされました。 ↓ フルトヴェングラー&ストックホルム・フィル、スウェーデン放送全録音集 スポンサーリンク   フルトヴェングラーはスウェーデン、ストックホルムを頻繁に訪れました。 ある時はウィーン・フィ…

こんにちは。 ともやんです。   作曲家フルトヴェングラーの代表曲、ピアノと管弦楽のための交響的協奏曲 ロ短調を聴きました。   晦渋で聴き辛いと思っていましたが、なかなか面白く聴きました。 ブラームスとラフマニノフを混ぜ合わせたと様な雰囲気です。   沈鬱で重々しく、ロマンティックな曲で、フルトヴェングラー自身のイメージに合う曲想でした。 本人の自作自演を除けば、録…

こんにちは。 ともやんです。   貴重なフルトヴェングラーのライヴ録音。 録音の質も悪くなく鑑賞に堪えられるレベルです。   以前、宇野功芳氏の著書でブラームスの1番こそフルトヴェングラー向きの曲なのに内容の良いものがない、と書いていましたが、僕も実はこの録音を楽しみにしていました。 しかし、フルトヴェングラーとしては大人しい演奏で、あれっ、気持ちが乗ってないの?とちょっと勘ぐ…

1 2 3 6
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報