こんにちは。 ともやんです。   先週から、ヴァント&北ドイツ放送響(現:NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)のベートーヴェン交響曲全集を聴き進めています。 第1番から第8番まで聴き進みました。   今日は、第7番、第8番についてコメントします。   “「第7」「第8」も、素晴らしい。雪解けの奔流のような勢いと清冽さがあり、一切の夾雑物なしにスコアの秘密が解き明かさ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   先週から、ヴァント&北ドイツ放送響(現:NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)のベートーヴェン交響曲全集を聴き進めています。 第1番から第6番”田園”まで聴き進みました。 スポンサーリンク 今日は、第6番”田園”についてコメントします。   なお、”田園”では、92年にベルリン・ドイツ交響楽団との録音もあり、こちらはリハーサル風景も収録されてい…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ギュンター・ヴァント(1912-2002)は、ドイツの名指揮者です。 個人的には、前年の2001年に亡くなった朝比奈隆に続いてヴァントも亡くなったことで、20世紀の巨匠の時代は終焉を迎えたと思います。   もちろんその後も1930~40代に生まれた、マゼール、アバド、小澤征爾、ムーティも巨匠には間違いありませんが、なにかカリスマ性や畏れ多いとい…

  • 人気ブログランキング

10月も半ば、街路樹の木の葉も色づき始めてきました。 僕は、秋になるとブラームスが聴きたくなります。     秋に聴くブラームスは、特にピアノ曲、室内楽曲がいいですが、 管弦楽だと、断然、交響曲第4番を最高です。   第1楽章のイントロを聴くと、枯れ葉がハラハラ落ちるような 風景を思い浮かべてしまいます。   ブラームス交響曲第4番は、ヴァント&北ドイツ放送…

  • 人気ブログランキング

ギュンター・ヴァントの ブルックナーを聴きたいと思い、 でも、晩年のベルリンフィルの名盤は、 なんか取っつきにくい。   聴けば圧倒されるんだろうけど、 なんか聴くのに覚悟が必要な感じ。   で、確か、80年代に全集が出ていたなぁ、と思い、 得意の新宿ディスクユニオンのクラシック館に行きました。 スポンサーリンク   おお、あるではないか、オーケストラはケルン放送響か…

  • 人気ブログランキング

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。 残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、僕がクラシック音楽に 興味を持ち聴き始めてから約50年、   僕は宇野功芳氏の評論を最も信頼して、 氏のすすめる曲や演奏家のLPやCDを 真っ先に聴きながらコレクター人生を歩んできました。   氏の評論やその歯に衣着せぬ論調は、 賛否両論がありますが、 僕は、氏の良い意味での…

  • 人気ブログランキング

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。   残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、宇野氏の功績のひとつに日本にブルックナーを 広めたというのものがあると思います。   自身もブルックナーとモーツァルトを最も愛されていたようで、 特にブルックナーを得意としていた朝比奈隆氏を高く評価され、 それがブルックナーファンを増やした遠因とも僕は思っています。 &n…

  • 人気ブログランキング
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村