ブルックナー交響曲第9番 勝手におすすめな名盤

目安時間:約 9分

こんにちは。 ともやんです。   ブルックナー交響曲第9番は、彼の最後の作品ですが、残念ながら未完で終わっています。 でもその内容は、彼の交響曲の中でももっとも充実している曲で、ブルックナーマニアからは、第5番、第8番とともにベスト3に挙げられる傑作です。   だからか、聴くとなるとそれなりの覚悟が必要です。 作業をしながら聴くなんてもってのほか、没頭して聴いてしまう曲です。 …

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   佐渡裕が、2015年より首席指揮者を務めるトーンキュンストラー管弦楽団とのショスタコーヴィチ交響曲第5番とジャズ組曲が素晴らしいです。 ↓ 【CD】 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 佐渡裕 、 ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団   佐渡裕は、2015年よりウィーンの名門、トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者を務めています。 そして、…

  • 人気ブログランキング

おはようございます。 ともやんです。   佐渡裕が、名門ベルリン・ドイツ交響楽団を指揮したチャイコフスキーの第5交響曲を聴きました。 佐渡裕は、僕と同世代の指揮者として注目しています。   しかし、その演奏に感動するかどうかはまた別です。 盛り上げ上手な指揮者だと思います。   いくつか聴いた吹奏楽の録音とか、ラムルー管とのイベールの管弦楽曲などお見事という演奏は何度…

  • 人気ブログランキング

楽しいCDをご紹介します。   世界最高のサクソフォン奏者、須川展也と日本でも圧倒的な人気を誇る指揮者、佐渡裕が夢の共演をした演奏のCDです。 現代の作曲家のサクソフォン協奏曲4曲を須川展也が、自由自在、天衣無縫、縦横無尽に駆けめぐります。   中でも須川自身が吉松隆に委嘱した協奏曲を世界初録音。 ガルバレクとコルトレーンという大物ジャズ・プレイヤーの存在から生まれたソプラノ・…

  • 人気ブログランキング

佐渡裕指揮コンセール・ラムルー管弦楽団による、イベール管弦楽曲集が超おすすめです。   僕はここ1週間ほど毎日聴いています。朝聴いて、今日何が起きるんだろう、なんてわくわくドキドキしながら一日の生活を始めます。   ジャック・イベール – Jacques Ibert (1890-1962) 1.(08:24)バッカナール Bacchanale 2.(16:47)ディヴェルティメ…

  • 人気ブログランキング

佐渡裕がベルリンフィルを指揮するときの模様を 編集したドキュメンタリーを見たことがあります。   ベルリンフィルとの共演が決まって、 そのリハーサル風景から、 本番を迎えるまでの期待と不安と戦う、 佐渡さんの姿が素直に出ていて良い番組だったと思います。   佐渡裕は、1961年(昭和36年)生まれなので、 1957年生まれの僕とほぼ同世代。   だからですが、僕は同世…

  • 人気ブログランキング
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村