フルトヴェングラーは、1944年~45年に掛けて、 第二次大戦もドイツの敗戦が濃厚となっていたころ、 ぎりぎりまでドイツに残って演奏をしていました。   しかし、追い詰められたナチスは、 完全に極限状態になっていてまともな判断も出来ない状況でした。   そんな折、フルトヴェングラーの命も危ういものとなってきました。   だから、44年から45年において、フルトヴェング…

  • 人気ブログランキング

9月も後半になり、すっかり過ごしやすくなりました。   僕が住む横浜は、6月下旬には、梅雨明けして それからの猛暑というか酷暑は大変ものでした。   さて、秋になると聴きたくなるのがブラームスです。 僕の場合、秋になったからブラームスが聴きたくなるのか、 ブラームスが聴きたくなったから秋を感じるのかというくらい秋から冬に掛けてはブラームスです。   さて、今日は現在8…

  • 人気ブログランキング

ルネ・レイボヴィッツは、 1913年ワルシャワ生まれで1972年でパリで亡くなっています。 享年59歳ということで今の感覚なら若くして世を去っています。   シェーンベルクとウェーベルンに作曲を、 ラヴェルに管弦楽法を、モントゥーに指揮を学びました。   新ウィーン学派を崇拝し、教育、作曲、指揮、評論を行っていました。   またLP時代、かのリーダース・ダイジェスト社…

  • 人気ブログランキング

先日、友人が横浜交響楽団の合唱団の一員で参加するので、 聴きに来てと言って、チケットをくれたので行ってきました。   演奏曲は、ヨーゼフ・ハイドン作曲オラトリオ「天地創造」。   ハイドンは、好きな作曲家で、交響曲全集や弦楽四重奏曲全集も持っていて 日々楽しんでいますが、恥ずかしながら有名なオラトリオ「天地創造」は未聴でした。   多少行く前には、聴いてみたのですが、…

  • 人気ブログランキング

僕は、中学生だった1970年からクラシック音楽に親しむようになり、 当時はLPを小遣いを貯めては買っていました。   でも、当時のLPは、物価に比べとても高価なもので、 1枚3,000円くらいしました。   だから、買うときも選ぶのに真剣でした。   1枚選ぶにの本当に悩んで買った記憶があります。   そんな時代に、ジャケットを見てすぐ買ったLPがありました…

  • 人気ブログランキング

ドヴォルザークの交響曲第8番は、僕の大好きな曲です。 新世界よりが通俗的な名曲ですが、 この8番は、美味しいデザートを前にしたようなワクワク感があります。   全編親しみやすいメロディーに溢れ、 ドヴォルザークの入門用に相応しい曲だと思います。   今回は、大好きなドヴォルザークの交響曲第8番を 大好きな指揮者コバケンこと小林研一郎と東京フィルとのライブで聴けるなんて素敵です。…

  • 人気ブログランキング

エイドリアン・ボールトは、 1889年にイギリス、チェスターに生まれ、 83年に94才の長寿を全うされました。   同世代の指揮者では、 クレンペラー(85年)フルトヴェングラー(86年) クナッパーツブッシュ、ライナー(88年) フリッツ・ブッシュ、エーリッヒ・クライバー、クレツキ(90年) ミュンシュ、シェルヘン(91年) サーバタ、ロジンスキ(92年)クレメンス・クラウス(93年)…

  • 人気ブログランキング

2017年にロンドン交響楽団の音楽監督に 就任したサイモン・ラトルが来日しています。   クラシカ・ジャパンでは来日に合わせて特番が放送されており、 その中のひとつが「想像上のオーケストラの旅」です 。   1,000曲近くあるハイドンの作品の中から、 演出効果のあるものを含む、選りすぐりの楽曲で組まれた、 ちょっと変わった名曲プログラム(このプログラムはベルリン・フィルでも演…

  • 人気ブログランキング

モーツァルトのレクイエムは、 10数年前に合唱団の一員として歌ったことがあります。   モーツァルトのレクイエムをはじめ、 バッハのマタイ受難曲、 ヘンデルのメサイアなどの 合唱を要する大曲は、 実際の合唱団に入って歌ってみるのが 一番曲を理解する上で良いと思いますので、おすすめです・   さて、シェルヘンのモーツァルトのレクイエムは、 1958年というステレオ初期の録音ながら…

  • 人気ブログランキング

こんな録音が残されていたなんて! この録音は、ナクソスジャパンが運営する ナクソス・ミュージック・ライブラリーで聴くことが出来ます。   CDで購入できるかどうか現時点で確認できませんが、 カタログ番号は、NYNN-0001 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(日本語歌唱)(三宅春恵/四家文子/木下保/矢田部勁吉/日本交響楽団(NHK交響楽団)/山田和男)(1942)(N響アーカイ…

  • 人気ブログランキング

先日、僕が所属している合唱団の有志で、 僕の入団の歓迎会をしてくれました。   指導の先生も加わり、男性8人で細やかですが、楽しい会でした。 皆さん、僕より年配ですが、合唱されているだけで若いですし、 何より、音楽が好き。   だから、懐かしいコンサートやレコードの話に花が開きました。   出席者のメンバーの中に、私に父親より年上の方がいて、 僕は70歳だ半ばから後半…

  • 人気ブログランキング

シューリヒトは、ブラームスを得意としていて、 録音もいくつか残しています。   どれも名演ですが、僕は、ずっと61年のバイエルン放送響との第4番録音が大好きで、 この曲の録音というと、まずシューリヒトを思い浮かべるほどです。   改めて聴くと、その充実ぶりがよくわかります。   当時シューリヒトは、すでに80歳を超えていましたが、 年齢を感じさせない厳しい演奏を展開し…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング